遺族年金

遺族年金は、被保険者が死亡した場合に、残された妻や子供に支払われる年金で、国民年金からの遺族基礎年金と、厚生年金からの遺族厚生年金があります。

遺族基礎年金と遺族厚生年金ではいろいろと条件が異なるので、遺族基礎年金は別にお話ししています。

遺族厚生年金

遺族厚生年金を貰える条件

死亡した人の条件

  • 被保険者
  • 被保険者期間中の傷病がもとで初診の日から5年以内に死亡したとき
  • 老齢厚生年金を貰っていたか、受給資格を満たしていた
  • 障害厚生年金(1,2級)を受けられる者が死亡したとき

このどれかの条件に該当し、保険料を全期間の2/3以上納めていること。
 ここまでは大体遺族基礎年金と同じ様な感じですね。

遺族厚生年金をもらうことのできる遺族の条件

  • 遺族基礎年金の支給の対象となる遺族
  • 子のない妻
  • 55歳以上の夫、父母、祖父母(60歳から支給)
  • 孫(18歳の誕生日の属する年度の年度末を経過していない者)
  • 孫(20歳未満で1・2級の障害者)

遺族基礎年金に比べるとかなり受給者の範囲が広くなっています。

遺族厚生年金のもらえる金額は

平均標準報酬月額*7.50/1000*平成15年3月までの被保険者期間の月数 と
 平均標準報酬月額*5.769/1000*平成15年4月以降の被保険者期間の月数 の合計に
 1.031*0.985*3/4 を掛ける
 つまり、夫が受けられたであろう老齢基礎年金額の4分の3

なお、死亡した被保険者等の加入期間が300月に満たない場合は300月とみなして年金額を計算する。

また、夫が亡くなったとき、40歳以上65歳未満で、生計を同じくしている子がいない妻の場合は、594,200円(年額)が加算されます。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー