遺族年金

遺族年金は、被保険者が死亡した場合に、残された妻や子供に支払われる年金で、国民年金からの遺族基礎年金と、厚生年金からの遺族厚生年金があります。

遺族基礎年金と遺族厚生年金ではいろいろと条件が異なるので、遺遺族厚生年金はは別にお話します。

遺族基礎年金

遺族基礎年金を貰える条件

死亡した人の条件

  • 被保険者
  • 被保険者であった60歳以上~65歳未満の人で日本国内に在住
  • 老齢基礎年金を貰っていたか、受給資格を満たしていた

このどれかの条件に該当し、保険料を全期間の2/3以上納めていること。

遺族基礎年金をもらうことのできる遺族の条件

妻または子どもでなければならないのですが、妻や子にもいろいろと条件があります。

  • 年収850万円以下で、死亡した人に生計を維持されていたこと
  • 妻の場合は次に該当する子のあること
  • 18歳到達の年度末までにあること
  • (ただし、障害のある子の場合は20歳未満)

18歳年度末と言うのは、4月1日から翌年の3月31日の間に18歳になったら、その年度末の3月31日までと言うことです。
 4月1日が誕生日であればまるまる一年余裕がありますが、3月31日の誕生日では、18歳になった途端おしまいと言う事です。
 まあ高校などの卒業にあわせてあるということなのでしょうか。

それから条件に妻とある様に、夫は仮に専業主夫であったとしても貰えません。

妻の方も再婚すると貰えなくなります。

遺族基礎年金のもらえる金額は

妻が遺族基礎年金を貰う場合は
79万2100円+子1人あたり22万7900円(3人目以降は1人あたり7万5900円)

子が遺族基礎年金を貰う場合は
79万2100円+子が2人の場合は22万7900円(3人目以降は1人あたり7万5900円)




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー