未熟児養育医療制度

未熟児養育医療制度とか未熟児養育医療給付制度と呼び名は微妙に違う場合もあるようですが、自治体が未熟児の治療費や入院費を負担してくれる制度です。

ただ未熟児養育医療制度というのは、自治体により条件や、サービスの内容が若干異なっていますので、目安としていただければと思います。
 詳しくは、保健所や医師などにご確認下さい。

未熟児養育医療制度の対象者

出生時の体重が2000g以下(どこの自治体でも同じ様です。)
または医師が必要と判断すること(その内容は自治体によって若干異なるようですが入院が必要な程度のようです)。

指定養育医療機関において入院治療を受ける場合に、養育医療の給付を受けることができます。

指定以外の医療機関では受ける事が出来ません。

未熟児養育医療制度の助成金額

診察や薬剤、手術や治療、指定医療機関への入院や看護などを負担してもらえますが、 紙おむつや保険適用外のものは自己負担で、また所得に応じても一部自己負担があります。

未熟児養育医療制度の利用の申請

基本的に出世以後、すぐに行って下さい。 遅れると未熟児養育医療制度の利用が出来なくなる場合があります。

出来るだけ早く管轄の保健所で申請手続きを行って下さい。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー