出産費貸付制度

出産育児一時金は、子供一人につき35万円が支給されますが、 出産後の請求で請求から1,2ヶ月掛かる場合もありますので、退院の時の費用の支払いなどには間に合いません。

そこでその費用などに充てるために、出産費貸付制度があります。(出産費貸付事業、出産費融資制度といろいろな名称がある)

出産費貸付制度で借りられる金額

出産育児一時金の8割までで、医療施設から請求されている金額が上限。
 利子は無利子

出産費貸付制度の対象者

出産育児一時金の支給が見込まれる人で、妊娠4ヶ月以上、出産予定日まで1ヶ月以内。
医療施設などに一時的な支払いを要する人。

出産費貸付制度の手続き方法

  • 出産費貸付金貸付申込書兼借用書
  • 母子健康手帳の写し
  • 健康保険証の写し
  • 出産育児一時金請求書

などの必要書類を担当窓口へ。 出産育児一時金のページ参照。

出産費貸付金の返済

出産育児一時金で精算します。 何らかの理由で、出産育児一時金が不支給になり不足が発生した場合には、不足金として返済する必要がある。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー