10万円以下でも医療費控除

医療費が10万円以下でもまだ医療費控除を受ける方法があります。
年収が200万円以下の場合は医療費控除は5%がラインになります。

「なんだ、ウチはそんなに少なくないや.」と諦める前にもうちょっと。

例えばサラリーマンの夫の年収が600万円で、妻はパートで150万円だったとします。
そうすると医療費は本人だけでなく生計を一にする配偶者や親族のために支払った分も認められます。

ということは、妻の方で医療費控除を受ける場合は、収入が150万円なら5%で7万5千円がラインということになります。

ただし、医療費控除は、源泉徴収などで既に支払った税金が戻って来たり、払わなくてはならない税金から控除されるというものです。
ですから、もともと税金を払っていなかったり、払う必要がない場合にお金がもらえるという訳ではありません。
払っていない税金は戻ってくることはないし、払わないでよい税金が安くなることもないという事ですね。

医療費控除の申告は

所得税の関係になりますので、お住まいの地域の税務署になります。

税務署では、他の役所と比べてとても親切な対応である事が多いので、安心して相談されると良いと思います。
 ただ私たち納税者が得する(税額が減る)事に関しては、尋ねればキチンと教えてもらえますが、尋ねなければ決して教えて貰えない(あくまでもわたし個人の意見ですが) 様な気がします.

なお前の医療費控除についても申告期限から5年間は、さかのぼって申告する事が可能です。

税金関係の法律は、頻繁に変わったり、適用が微妙だったりするものも多いので、具体的なものは税務署などに確認してみて下さい。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー