医療費控除

医療費控除は、本来ならば所得として課税される収入から、医療費での支出は課税対象から除外しますよというものです。

ですから掛かった医療費を申告する事によって、源泉徴収などで既に税金払った場合は還付、 自営業などで確定申告する場合は、その分を所得から控除して税額を少なくする事が出来ます。

医療費控除の対象

家族全員で1年間に支払った医療費の合計が10万円以上でなければなりません。
 一年とは1月1日からその年の12月31日までで、年をまたいだ場合は翌年度の計算になります。

医療費控除は、所得税の還付ですから、所得税が無い場合は、還付は受けられません。

家族全員分の医療費の合計で計算しますから、共働きなどの場合はどちらでもまとめて還付を受ける事が出来ますが、 所得が多い人(税率が高い人)にまとめて申告した方がその分得になります。

特に出産などで、医療費の支出が多い年には病院などの治療費などばかりでなく、薬局で買った薬や通院のために必要な交通費なども認められるものも有ります。
領収書やレシート、またそれらが出ないもの(バスや電車など)でも、いつ何のために何に使ったというのがはっきり分る様にして記録しておきましょう。

ただ、税金関係は結構微妙なものも多いので、一律に何が医療費として認められて、何が医療費としては認められないと云えない場合も有りますので、 とにかく一応控えておいて、分らなければ税務署でお訊きになると良いと思います。

さて一般には10万円以上ないと医療費控除は受けられないと思われていますが、医療費が10万円以下でもまだ医療費控除を受ける方法があります。

(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー