育児休業給付金

育児休業給付金は、1歳(延長で1歳6ヶ月)未満の赤ちゃんを育てる会社員や公務員のお父さんやお母さんの休業中の生活を支援するための制度です。

育児休業給付金は、育児休業期間中に貰える育児休業基本給付金と、
 育児休業が終わってから6ヶ月過ぎた時点で貰える育児休業者職場復帰給付金の2種類があります。

育児休業給付金の対象者

  • 雇用保険に加入して保険料を支払っていること
  • 1歳未満の赤ちゃんの育児休業であること。(条件を満たせば1歳6ヶ月未満)
  • 育児休業に入る前の2年間で、1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上あること
  • 育児休業中の1ヶ月毎に、休業開始前の1ヶ月当たりの賃金の8割以上の賃金が支払われていないこと
  • 休業している日数が各支給対象期間ごとに20日以上あること

ですから、雇用保険に加入していなかったり、妊娠中や育児休業終了後に仕事をやめる予定のひとは支給の対象外となります。

また育児休業に対する給付金ですから、育児休業を取らないで仕事を再開する人も貰えません。

育児休業給付金は幾ら貰えるか

育児休業基本給付金

休業前の給与の30%を育児休業の月数分貰えます。
 1ヶ月あたりの上限は127,800円

育児休業者職場復帰給付金

休業開始時の賃金日額×育児休業基本給付金が支給された支給対象期間の支給日数の合計日数の10%相当額

例えば、育児休業前に月20万円貰っていたとすると、
 育児休業基本給付金が、育児休業期間中20万円の30%相当の6万円が1ヶ月当たりで支給。

さらに、10ヶ月間休業した場合、
 育児休業者職場復帰給付金は、20万円の20%相当を10か月分で40万円を職場復帰6ヶ月後に支給となります。

要するに、給与の50%相当ですね。

育児休業給付金の窓口

手続きはだいたい会社でやってもらえると思います。 詳しくは会社の窓口かハローワークで。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー