乳幼児医療費助成制度

乳幼児は、病気や怪我などで何かと病院などにお世話になる機会が多いものです。 そこでその医療費負担を軽減してくれる制度です。

ただ乳幼児医療費助成制度は、自治体による助成制度ですので、対象年齢や、助成内容などは異なります。
 制度の名称も子ども医療費助成であったり子どもすこやか医療費助成などと様々です。  また対象年齢も、15歳までとか12歳まで、6歳までやもっと低い場合などとバラバラです。
 詳しくは、お住まいの自治体にご確認下さい。

乳幼児医療費助成制度の対象者

乳幼児医療費助成制度を利用できるのは、赤ちゃんが健康保険に加入していることが前提になります。
その上で、それぞれの市区町村の条件を満たす必要があります。(例えば所得制限など)

乳幼児医療費助成制度の助成内容

病院の支払いも、その場で助成を受けられるところや、後で役所に請求であったり、
 全額であったり部分助成であったりと、こちらも市区町村によって異なる事があります。

乳幼児医療費助成制度の利用の申請

赤ちゃんの健康保険の加入手続きを済ませたら出来るだけ早めに医療費助成制度も手続きをしておきましょう。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー