借金を返済する方法

借金を返済する方法の前に、借金と向き合う心構え借金の利息について を読んでいただければ、これからお話しする借金を返済する方法がより実感していただけると思います。

当たりまえの事ですが、借金は自力で返済出来ればそれが一番良いのです。
 なかには信じられないことですが、10万、20万程度の借金を返済したくないがために「自己破産出来ないか?」と、弁護士に訊いて来る(もちろん電話や無料相談で!)とんでもない人がいます。
もっとも仮にその程度の借金額で自己破産が出来たとしても弁護士費用の方が高くつくのですけれど。

自己破産というのは、借金でどうしようもなくなってしまった人が、残りの人生、借金の返済のためだけに過さなければならないとか、そんな悲惨な事が無いようにするためのものだと思っています。
決して気軽に借金を踏み倒すための自己破産ではないのです。

自己破産のペナルティ

確かに自己破産というものは、皆さんが思っているほど、ペナルティのあるものではありません。  もしかしたら、ほとんどペナルティは無いといっても良いのかもしれません。
しかし、自己破産すればあなたは借金が帳消しになるかもしれませんが、あなたの保証人にその借金の返済のツケがまわる事も忘れてはなりません。(ですから自己破産するときは、保証人も一緒に自己破産するのが普通だと思います。)

中には借金を踏み倒す事を考える人もいるかもしれませんが、保証人や親戚、家族などにかなり迷惑が掛かる事を忘れてはいけません。

借金を踏み倒す事を考えるならば、自己破産を考えて下さい。

しかし、自己破産は何度も出来ません。 一生に一度だけ許された特別な計らいだと思った方が良いと思います。
 ですから本当にどうしても借金が返済出来なくなった時の最後の切り札だと思って下さい。

しかし既に借金をしてしまっている場合どうすれば良いのでしょうか?
 どこまで返済するのか、それとも断念して法的手続きに委ねるのか? 返済を続けるか、自己破産かの判断はどうすれば良いのでしょうか?

これはどのような所から借金しているかによって変わります。 何故ならば借入先によって金利が全く違ってくるからです。
 ですから、ここではいわゆる消費者金融から借りている場合についてお話したいと思います。

借金を自力で返済するには

これからお話する事は、自己破産や特定調停その他の法的手続きによらず、何とか少しでも借金を減らしたい、自力で借金を返済したいという方に対してお話しすることです。
 ですから、自己破産や特定調停その他については別にお話します。

非常に大切な事ですから、注意して下さい。
 新規に消費者金融から借入れることをすすめている訳ではありません。
 消費者金融などからの多重債務で困っている方に対しての助言です。

また、これからお話しする事を実行するには強い意志が必要です。
 借金を無くすため、借金を減らすため、には、頑張る。 決意のある人にその方法をお話したいと思います。
 意志が弱い人は法的手続き等をおすすめします。

(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー