住宅ローンの返済に困ったら

自宅を手放さなくなる前に

借金の返済が苦しくなってきても、何とか自宅だけは手放したくないと言う人が多いと思います。
 当然な事だと思います。

収入が減る、その他の理由で、住宅ローンの返済を続ける事が困難になる場合もあると思います。

早い段階で考えられるのが、 ローンの借り換え
借金の整理の段階で、  個人再生などがあります。

自己破産などであれば、自宅は失う事になります。

でも、ローンの借り換えでは、間に合わない。
個人再生まではやりたくない。

 では他には方法は無いのか? そこで、別の手段を考えてみました。

借金に困った人と支出を減らすために話をしていて多いのが、
「家だけは譲れない」
「クルマだけは譲れない」
「趣味の××だけは譲れない」
「酒タバコだけは止められない」 などと言う事です。

確かにそうですね。 
「では何が譲れるんですか? 譲れるものがあるんですか?」

 本来、自分の権利や主張などは、やるべき事、義務を果たした人が言える事ではないでしょうか?
本来お金を返さなければならないと言う義務を減免して貰おうというのですから、それなりの事はやるべきです。

しかし、では全て処分しろでは、あんまりですので.

借金を何とかしようと言うのですから、ある程度痛みが伴うのは当然です。

住宅ローンの返済が苦しくなってきていると言う事は、あなたにはその家は身分不相応になっているということです。 (現在、不相応なのであってずっと不相応とは限りませんが)

仮にあなたの自宅が借家だったとしたら、家賃は幾らくらいになるでしょうか?考えてみた事がありますか?
 実際に近隣の相場を調べてみて下さい。

 「そんなに高かったのか!」と驚かれるのではないでしょうか。

住宅ローンの返済に苦しんでいるのに、この様な高い家賃の家に住んでいたのかと.
そうです。 わたしが言いたいのはここのところなのです。

借りると非常に高い家賃です。 では貸せば?
今の自宅を人に貸して、その家賃で住宅ローンの返済に充てようというのです。

では自分はどこに住むのか?
 その家賃よりも安いアパートなどに引越してください。

その差額の分、あなたは住宅ローンの返済の負担を軽くする事が出来るのです。

 借金の返済の目途が付くまでの辛抱です。 自宅を失う事と比べたらずっとましだと思いませんか?




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー