ユーロ高の本当の理由について

最近、ユーロ高が結構騒がれています。(2007/02)
ユーロ高についてのこのコンテンツは、当分残しておく予定なので、もしかしたらあなたが読まれている時には、 ユーロ高と言うことがあまりピンと来ない内容になっているかもしれませんが、本質的なものは変わらないと思います。

どれくらいユーロ高かというと、最近の高値で1ユーロ160円を越えてたと思います。
確か何年か前は1ユーロ90円を割って、80数円台があった様な気がします。

つまり2倍のユーロ高です。 前は1万円で買えた物が、今は2万円出さないと買えないということです。
これじゃ、ヨーロッパ方面の旅行やお買い物のときもかなりしんどいです。
旅行に行かないからユーロが高くなっても関係ないなんてとんでもないですよ。
旅行やブランド品ばかりでなく、普段の食料品だって日本はヨーロッパ方面からの輸入品も多いので、誰にでも普段の生活へも影響があると思います。

問題はユーロ高ではない

それではちょっと視点を変えて、今度は多くの日本人にも馴染みの深い、また影響も大きい米ドルを見て見ましょう。

ドル円でみると、米ドルはここ数年、大きくみても1ドル100円~130円の間をうろうろしているといった感じです。

日本円とドルはあまり変わらないから、確かにユーロが物凄く騰がっている様に見えます。
まあ実際にユーロが騰がっている事は間違いないのですが。

しかし、実際は、ユーロ高と言うよりも、円がどんどん下がっていると言う気がします。

普通の、経済に特に関心のない人は、「ドル円のレートが何となくぼんやりと思い浮かべられる程度。  ユーロ円に至っては、せいぜいニュースとかでも話題になってきているので高いみたい。」程度ではないでしょうか?

ユーロ高、ニュースの間違い

ニュースでは、現在のユーロ高の理由として、好調な経済と金利が高いと言う事言っている事が多いようです。

「日本は金利が低いので、日本円で借りて金利の高いユーロに投資する」
その際に、日本円をどんどん売って、ユーロを買うのでユーロが騰がって円が下がるという理屈です。

*詳しくは円キャリートレードでお話しています

本当はユーロ高の理由は、そんなに単純な事では無いと思います。

これがそのまま単純に当てはまれば、金利の高い国の通貨ほど高くなって、金利の安い国の通貨はどんどん下がると言う理屈になりますが、 実際は全くそんな事はありません。
現に、ユーロは、円に対してだけではなく、米ドルに対してもどんどん騰がってますが、金利はアメリカの方が高いのです。
先の理屈からすると、ドルとユーロでは、ユーロの方が金利が低いから借りて、アメリカの方が金利が高いのでどんどんドル高と言うことになります。
しかし現実には米ドルとユーロでも、ユーロの方が高くなっています。



本当はユーロ高ではなく 円安ドル安

世界の通貨の中で円がどんどん下がっている。
しかし、結構弱くなってきている米ドルと比較すると、円もドルもどちらも安くなってきているので、円の下がり方がそれほど目立たないと言う訳です。

ところで数年前に、ニュージーランドの不動産投資を相談された事がありました。

その時には、私はNZ不動産投資は、色々な理由から否定的な考えでした。
確かその頃はNZドルは40円前半台だったと思います。
現在は、NZドルの高値は80円台半ばです。
実に2倍になっています。

ニュージーランドでは

更に、NZ不動産はかなり騰がって、2倍とか3倍なんて普通にあります。

仮にその時にNZ不動産を買って3倍になっていれば、日本円ベースでみれば為替で2倍なので6倍になった事になります。
ローンで頭金4割で購入していれば、投資効率は実に数年で15倍です。
仮に頭金3割であれば、20倍と言うことになります!

まあ、今回のお話ではNZ不動産はおいておいて。

アジアでは

では今度はアジアに目を向けるとどうでしょうか? アジアの通貨は殆ど知らない人も多いのではないかと思います。

やはり、ここ半年一年の短期でみてもアジアの通貨がかなり高くなっています。(円が下がった)
アジアの不動産物件を探していて、物件自体がそれほど騰がって無くても、日本円ベースでみると結構高くなってしまい、ショックを受けてしまいました。

まあ要するに、日本円はユーロだけでなくヨーロッパ、アメリカ、オセアニア、アジアと、どこと比べてもどんどん安くなってきているという感じではないでしょうか?

ドルに関しては、世界の基軸通貨だったのが、その座がユーロに変わられつつあるので、基軸通貨としてのプレミアムの分、米ドルは安くなりつつあると言うことではないでしょうか?

これから先、日本では、人口はどんどん減って行くので、もちろん長期的に不動産投資は厳しいものとなりそうです。

国家も財政破綻寸前。
経済もアジアなど多くの国に近い将来逆転されそうです。

沈み行く国 日本。という感じで、なんだか悲しいです。

これからも、文句を言いつつ、不安を抱えたまま、日本だけのことを考えるのか?
 それとも海外の株や海外の不動産の投資で、株や不動産の値上りと、さらに為替の二重の値上りを狙ってみるのか?

あなただったらどうしますか?(2007・02・15)

関連: 投資する  高利回り外貨預金 ほか多数

参照: 円キャリートレードとは




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー