貧富の差がひらく日本

日本は貧乏になってきている!?

ところでちょっと前のニュースで日本人の貯蓄率が物凄く低くなって、04年度の各家庭の貯蓄に回した割合が2.8%と、 統計を取り始めた1955年度以降で最も低くなったという事でした!

要するにこの50年で貯蓄率が最低!

ニュースによると賃金やボーナスが伸び悩みで、高齢化が進んで貯蓄を取り崩して生活費に充てる老人世帯が増えたためということでした。(わたしはちょっと違うと思うのですが)

それとは別のニュースですけれど、日本は今好景気でいざなぎ景気に次ぐ長い好況らしいです。
でも景気は良くなって来ているのに全然実感がないという人が多いですよね?

 これらの事はどういう意味があるんでしょうか?

確かに景気は結構前から良くなっていると思います。
例えば、コンビニに行くと良くわかりますが、コンビニは非常に短期間で商品の入れ替えが行われます。
ですからそれを見ていると、商品単価の引き上げなどちょこちょことやっているのがわかると思います。
微妙に高い価格の新製品を投入し、時期尚早と見ると直ぐに消えて、安い価格の別の商品に入れ替わります。
高い商品が売れれば、更に拡充したり高くしたりといった具合です。

社会の二極化

今回の好景気(?)は、全体的に良くなってきているというよりも、一部の人が良くなってきているという感じがします。

例えば、ビールなどでは、発泡酒から、更に安い第3のビールへと人気がシフトしています。

かと思えば、プレミアムビールも非常に伸びてきているので色々と新商品が投入されています。(もっともビールや発泡酒などの割合から見るとホンの一部ですが)

この様に、低価格化と高級化への流れが同時に起こっています。
しかし好景気といっても、それを享受できる人たちは一部の人たちです。
(もちろんビールくらいであれば誰でも買えますが.)

逆に賃金所得を得ている多くの人は、収入は殆ど増えていないのに税金やその他の負担はジリジリと増加してる。
当然、貯蓄に回す余裕はどんどん減ってきている。

日本はつい最近まで国民総中流という感じだったのが、ここ最近、急激に貧富の差がはっきりと分かれようとしてるのではないかと思います。

一部の人は更に豊かになるけれど、貧しい人は更に貧しくなる。

実はこの貧富の格差について、感覚だけでなく実際に数値で表すものがあります。

ジニ係数というもので、社会の所得分配の不平等さを測る指標となるものです。
 0~1の数値で表され、0に近いほど平等で1であれば、1人の人が全ての所得を独占しているということになります。
 0.2以下であればかなり平等だけれども、逆に向上心を阻害する懸念があり、
 0・3程度で先進国では自然値とされているそうです。
 0.4以上になるとかなり格差がきつくなり、
 0.5を超えるとかなりやばい状態といったところのようです。
 (0.5だと上位25%の所得者が全ての所得の75%を得ているという状態だそうです)

日本では1984年以降ずっとこの係数が上昇して来ていて、2002年には0.4983にも達したそうです!
 これは殆ど、上位25%の富裕層が全ての所得の75%を得ているという状態です。
 もう一息で、パレートの法則通りになってしまいそうですね。

巷では、一昔前から勝ち組とか負け組みと言う言葉が良く使われるようになっていましたが、これは単に流行語ということよりも、 そういった危機感の表れなのかもしれませんね。
このまま続くと、勝ち負けというか富裕層と貧困層とに分れて行きそうです。

因みに先進国では、ジニ係数はアメリカがダントツで高い様です。

日本はいつでもアメリカよりもずっと遅れてアメリカの来た道を辿って来ていました。

そして今度もまた..
怖ろしい事に日本も貧富の差が激しい国になろうとしているのです。

アメリカは非常に豊かな国で、世界でもっとも億万長者の多い国です。
それも2位以下をずば抜けて引き離すくらいに。

 

しかしアメリカの平均的な所得を見てみると、結構低くてビックリした事があります。

億万長者が多い国なのに、平均的な人の所得は低いとはどういうことでしょう?

つまり非常にお金を持った一部の富裕層の人たちが平均をかなり押し上げてはいるけれども、 その仲間に入れない大多数の人たちはあまり豊かでないということです。



お金持ちのルール

日本もついに貧富の差の激しい2極社会になろうとしていて、 今、わたし達はその分かれ目に立たされているのではないでしょうか?
そして一旦、富裕層か貧困層のどちらかに決まってしまうと、抜け出すのは容易ではないという事です。

思うに、お金持ちの子がお金持ちになれるのは、財産を相続するからではなく、お金持ちになるノウハウを、意識するか無意識かを問わず、教わるからではないかと思います。

例えば、あなたが友人等にゲームを教える事を思い浮かべて下さい。
あなたは当然ルールを知っていますから、ルールを知らない相手にルールを教えながらゲームをやれば、普通であれば、あなたが勝つのではないでしょうか?

アメリカにこれほど億万長者が多いのは、アメリカは世界に、アメリカのルールを広げる事で勝ち続けているからではないでしょうか?
日本人がグローバルスタンダードだと勘違いしているものの多くは、実はアメリカンスタンダードではないでしょうか?

日本国内での2極化の流れも、未だ、今は、わたしたち一般庶民も勝ち目があると思います。

まだ新しいゲームが始まったばかりで、多くの人がルールをよく知らない状態だからです。

 大富豪(大貧民)というカードゲーム(トランプ)をやったことはありませんか?
ご存知の方であればお分かりだと思いますが、一旦、大富豪か大貧民のどちらかになると、逆転するのはかなり大変です。

もちろん特別な才能や技術などある人は別ですが、多くの普通の賃金所得を得ている人は、これからそのままでお金持ちになれる可能性は非常に低いと思います。

因みに、自営業者や自由業などと比べて、賃金所得者が非常に不利なのは、雇い主である経営者のルールで勝負しなければならないからです。

さらに貧しくなる

そうして、現在世界はどんどんボーダレスになってきていますから、物価の安い国の労働者と、物価の高い国に住むわたしたちが、直接競争しなければならなくなって来ています。

例えば、物価が日本の1/10の国の人は、1/10の賃金で競争しても生活して行けるでしょうが、日本の人は1/10の賃金では生活してゆく事は出来なくなってしまいます。

あなたが普段買い物をする時に、同じものであればより安い方を選ぶ様に、どこの国の人を雇っても同じ仕事が出来るのならば、経営者はより安い方を選ぶのは当然でしょう。

既にコンピューターのソフト開発では、アメリカの会社だけれど開発はインドでとか、電話のオペレーターもアメリカの会社のカスタマーサービスに電話したら、 オペレーターは実はフィリピンから対応していたというように、国や地域といった事に縛られない仕事がどんどん広がって来ています。

二極化社会で貧困層に落ちないために

  • 仕事に活かせる、特別な才能や技術
  • 自分でビジネスをおこなう
  • 収入を効率よく投資運用する

の少なくとも、このどれかが必要ではないかと思います。
最初の1つは、誰でもとはいかないかも知れません。

たとえば、ビジネスというとなんだかとてもハードルが高く、自分にはおいそれとは出来なさそうな気がしてしまうかもしれません。

 でも、現在ではネット環境がかなり整っていますから、インターネットを使うことで実際の店舗を出さなくてもサイトを作ってそこでモノを売るというのならば、 ほとんどただ同然でもお店を出すことだってできます。

 サイトが作れなくても、ネットオークションで稼ぐのは簡単にできます。
自分で苦労してアクセスを集めなくても、オークションサイトがどんどん誘導してくれるのですから。

そして、最近はものすごい勢いで日本でも伸びているのが、情報起業です。
 格差社会はアメリカがすごいというお話をしましたが、この情報起業もアメリカが発祥です。 もうアメリカではかなり社会に認知されています。

 日本でも、全くの初心者から普通の主婦やサラリーマンだった人が、桁違いに稼ぐようになっている人もたくさん出てきています。
日本でも広く認知されるようになるのは時間の問題だと思います。

 ただ、急速に伸びているビジネスにありがちなのが、インチキの様なものも少なくないということです。


普通の主婦やサラリーマンが情報起業で成功するノウハウ

そしてビジネスともう一つが、収入を効率よく運用する。 つまり投資ですね。

投資に関して、わたしたち日本人は、現在は未だ非常に有利だと思います。

なぜならば、既に段々弱くなってきているようですが、円は未だ非常に強く外国為替や外国株、その他が非常に割安に買えるからです。
つまりまだ今ならば有利なルールで戦える状態にあるということです。

先日の、ライブドアショックの時も「やっぱり投資は怖い.」そう思って、折角投資を始めようと思っていたのにやめてしまった人も多いのではないでしょうか?

「あつものに懲りてなますを吹く」

しかし、それをチャンスと捕らえた人は?


現在は、国内の株はもちろん、日本の証券会社から、世界の株や外国為替その他いろいろなものに投資することが簡単に出来ます。
二極化の中で、富裕層に滑り込むのか、それとも貧困層に落ちるのか、今その分かれ目では無いでしょうか?(2006/01/16)

関連: 投資する
      情報起業




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー