究極お金を稼ぐ方法 ヒントはamazonに!?

ネット書店のamazonは、ネットを利用している人ならばたぶん大抵の人はご存じだと思います。

このamazonですが、最近では書籍以外にも家電や食品、キッチン用品にガーデニングと何でも売っています。
わたしも便利なので多い時には一日に何度も注文するくらいのユーザーです。

つい予定外の商品を買ってしまうのが、
ある商品をチェックしたり購入したりすると「この商品を見た人はこんな商品もチェックしています」とか、
「この商品を買った人はこんな商品も買っています」
という仕掛けです。

「この商品を買った人はこんな商品も買っています」のところに、ある商品を買った人たちが他にどんな商品を一緒に買っているのかを表示してくれるという優れモノです。

「おお、そんな商品もあったのか♪」なんて感じでつい買ってしまうんですよね。

ところがこのamazon、 最近ネットで話題になっているというスゴイ話を教えてもらったので、早速確認してみたのですがショッキングな事がありました.

アマゾンでバットを買うと

これドイツのアマゾンなのですが、ページが長いので途中をカットして縮小したりしたら画質がちょっと汚くなってしまいました。(本物はアマゾンで確認してみて下さい。)

で、野球のバットをチェックすると、ページの下の「この商品を買った人はこんな商品も買っています」のところに、なんと「覆面」やら「手袋」に「催涙スプレー」、画面では表示されていませんけれど、ほかにも「ナイフ」、「警棒」などが紹介されています!

ちなみに日本やアメリカのアマゾンではバットを見ても野球用品などが表示されました。

最初「ネタとして笑えるなあ。」なんて思って見ていたのですが、冷静に考えると、「もしかしてイメージ通り?」なんて考えるとかなり怖いです.

小さい頃に、アメリカから帰って来たばかりの人から「アメリカではね、靴屋に行くと靴が片方ずつしか置いてないんだよ。 なんでだかわかる?」、「それは、盗まれないようにだよ」と聞いて衝撃を受けたおぼえがあります。

『アメリカは物騒だねえ。 日本で良かった。 日本ならあり得ないでしょう! 』って思ったものでした。

ですが現在では日本も同じようなものです。

ここのところ日本は景気が低迷していますが、人間お金が無くなれば心が荒みます。

ネットを見てもインチキのお金を稼ぐ情報が氾濫しています。
自分がお金を稼ぐためならば平気でデタラメを紹介するサイトもいっぱいあるようです。

このサイト「お金大好き」でもお金に関する役に立つ話から「またバカなこと書いてるよ」みたいなネタまでいろんな情報を紹介しています。
ですが、改めて面白いとか役に立ったと思ってもらえる情報を載せるように注意しないとなあ、なんて思ってしまいました。(2009/12/14)

関連: amazon 日本のアマゾンからでもトップページの一番下のリンクから海外のアマゾンへ移動できます。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー