バビロンの大富豪

この「バビロンの大富豪」は、ことあるごとにしつこく友人などにも薦めまくっている本です。
 また、わたし自身の人生にも、経済的な面で非常に大きく影響した本であるといえると思います。

お金の事を考える上で、ぜひ薦めたい本です。 金持ち父さん貧乏父さん  などは読まなくてもこのバビロンの大富豪だけは是非読んで欲しい本です。

正確には「バビロンの大富豪:繁栄と富と幸福はいかにして築かれるのか」という本ですが、最初に発行されたのは1926年というかなり古い本です。
この手の本は古くなると現実にそぐわない事が多いのですが、驚くべき事に今読んでも全く違和感を覚えることがありません。
事実、現在でも世界でかなり売れている本のようです。

バビロンの大富豪は、とにかく何度も何度も読み直して、数十回は読み直しました。 また友人や知人にも薦めて千冊以上は売上に貢献していると思います。(笑)

ある友人は、学生の頃からイベントの企画などでかなり稼いで、夜の街を豪遊して回るというつわものだったのですが、 「何故もっと早く教えてくれなかったのか!学生の頃にこのバビロンの大富豪を読んでいれば今頃は金持ちになっていただろうに。」と怒られたほどです。

 また別の知人は、借金がどうしようもなく大きくなり遂には、返せなくなったので自己破産を手伝ったのですが、 「今までいかに自分が間違っていたのかが分かった。 しかしこれからは違うだろう。」と言ってくれました。

わたし自身も以前は、それなりに稼いだりしてはいたのですが、一向にまとまったお金と言うものを持つ事が出来ないでいました。
しかし今では、もしかしたら自分もお金持ちになれるかも知れないなあという気がして来ています。

「バビロンの大富豪」の内容は巷に溢れる小手先のテクニックを述べたものとは全く違います。
お金に対する根本的な考え方、接し方について書かれたものです。

バビロンの大富豪の本の具体的な内容について触れるならば、
「こんなに働いているのに、どうしてお金が貯まらないのだろう」から始まり、
「財産を築くには不滅の「原則」があった」、
「幸運の女神」が微笑む人間とは」、
「金貨の袋か、「知恵の言葉」が刻まれた粘土板か」、
「自ら稼いだ資金の運用は、こうして決める」、
「バビロンの知恵」は現代にも通用するか」、などです。

私の感想ですが、この「バビロンの大富豪」に書かれたことを理解し実行すれば、平均的な収入のある日本人であれば、豊かになれるものと思います。
わたしはこの「バビロンの大富豪」に出会ってから、はっきり投資のスタイルやお金の使い方などが変りました。

もちろん豊かになるには日本人でなければならないという訳ではありませんが、国によっては非常に貧しい国もあるので、私の身近な例として挙げただけです。
しかしやはり日本に住んでいる人は恵まれている事には違いないと思います。

また、内容は特に難しい事が書かれている訳でもありませんし、特殊な人でなければ実行出来ない様な内容でもありません。
ただ、読んだときの気持ちを忘れずに守る事が出来るかと言う事だと思います。
だから私は初心を忘れないために、何度も何度もこのバビロンの大富豪を読み直しています。

「バビロンの大富豪」はぜひ買って読んで欲しい本です。
一時期絶版で10倍くらいのプレミアムが付いていたのですが、最近また別の出版社から再版されています。

 「バビロンの大富豪」 ¥1575
The Richest Man in Babylon




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー