金利と株価の関係

金利の上昇や低下は株価へ大きく影響するといわれても、ピンと来ないかもしれませんね。
 でも実は金利の上昇や低下は、株価に大きな影響を与えます。
 そこで、金利の上下で株価にどの様に影響するのかをお話します。

金利が下がると

企業、
金利が下がる事によって、お金を借り易くなる。
資金が調達しやすくなる事によって、事業拡大が出来る。
 これらの結果、売上や利益の拡大が図れます。

世間、
景気が良くなる

投資家
金利が低くなればなるほど、預金などで預けておくよりも多少リスクを取っても株式に投資したいという人が増えてきます。

つまり金利が下がれば、株価が上がるということになります。

金利が上がると

企業、
金利が上がれば、お金を借り難くなり、事業は縮小方向に向かいます。

当然世の中
景気が悪くなって行きます。

投資家も、
金利が上がれば、わざわざリスクを取って株式投資をしなくても良いと考える人が増えてきます。
そうすると株を売って市場から資金を引き上げ、預貯金などへまわされる事になります。

ですから、金利が上がれば、株価は下がるということになります。

しかし金利が上げられたり、下げられたからといって、その途端に理屈どうりになるかというと、投資資金は短期で動きがちなので必ずしもそうとは限りません。
 目先はこれらの理屈どうりに動くとは限りませんが、やがてはじわじわと金利の影響が表れて来るのが普通です。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー