証券取引所

株を売買するのに、注文は証券会社に出す事になりますが、それらの注文は基本的に一箇所に集められて取引が行われます。
 その実際に取引が行われるところが証券取引所です。

日本の証券取引所の種類

日本国内の証券取引所には、

  東京証券取引所大阪証券取引所、名古屋証券取引所 の3市場

地方取引所として、
  福岡証券取引所、札幌証券取引所(前は他に新潟、京都、広島などもあった)

新興企業やベンチャー企業の市場として新興市場などと呼ばれている

  ジャスダック証券取引所(旧店頭)
  東証マザーズ大証ヘラクレス、名証センレックス、福証Q-Board、アンビシャスクラブ

  などがあり、更にグリーンシートという制度などもあります。

証券取引所毎の特徴

これらの証券市場の特徴としては、
 最近では、地方毎の市場の意味合いはなくなってきており、日本の証券取引所の頂点が東京証券取引所といった感じで、日本を代表するような企業が多く上場されています。
 そのため成長性にはやや欠ける面もありますが、株の安定性を重視した投資に向いているといえると思います。

大阪証券取引所(大証)は、東京証券取引所(東証)と差別化を図るためか、先物やオプションなどのデリバティブに力を入れているようです。

また新興市場では、これから大きく成長する可能性のある企業が多いのも魅力の1つですが、 当然資本が小さいところが多く、株価が上昇する時は大きく上昇しやすいのですが、逆に下げる時も大きく下げやすい、つまりハイリスク&ハイリターンという特徴があります。
 また成長企業は、資金需要が旺盛ですから、配当性向は低いのが普通です。
 (配当目当てであれば、一般に成長性の低い優良企業が高配当のところが多い)


(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー