株は儲かるのか?

株に興味を持った初心者の人の気持ちとして、株は儲かるのか?という事が大きいのではないでしょうか?

そこで実際、株は儲かるものか? ちょっと、面白い実験をしてみました。

初心者でも株は儲かるのか

PCを使って4桁の数字を乱数で出してみました。
 これは何かというと、日本では公開企業には4桁の銘柄コードが付けられています。 適当に乱数で出た数字を銘柄にあてはめてみようと言う訳です。
 要するに適当に銘柄を選んで投資したとしたらどうなるだろうというちょっとした遊びです。

まずランダムに出た4桁の数字を銘柄コードに見立てます。
 しかし実際には4桁の数字全てにあてはまる銘柄がある訳ではないので、4桁の数字で銘柄が存在しない場合は、もう一度ランダムな数字を出します。
 これを繰り返し10銘柄を決めます。 ちょっと少ない様な気もしますが、あまり多いと面倒なもので.

仮にこの様に適当に選ばれた10銘柄を1年間もっていたらどうなったか?
 という仮定で1年前の4月1日の取引開始の値段で買ったとして、今年の(04)3月31日の取引終了の時点でどれほど値が上がっているのでしょうか?  それとも下がっているのでしょうか?
 適当に買った銘柄を、更に一年放置していたら、儲かったのか、それとも損したのか?と言うことです。

結果は、10銘柄の内、8銘柄が買値を上回っていました。 逆に下回っていたのは、2銘柄。
 最低で-10.57%、最高で188.46%でした。
 10銘柄の平均では、125.92%です!

株を適当に買っても儲かっていた

つまり10銘柄を全く適当に選んでタイミングも関係無しに一斉に買ってほったらかしにしていたとしたら1年後には、 平均で25.92%も儲かっていたという事になるのです!
 但し、買付時の手数料などは計算外です。 しかし配当等も考慮されていません。

もちろん、適当に株を買っても儲かると言うお話ではありません。

つまり、大事なのは、普通であればこの様なふざけた株の買い方をする人はいないと思います。
 斜陽産業の様な業種は外すだろうし、先行き業績の良くない会社等もわざわざ選んだりはしないでしょう。
 それに同じ銘柄でも売買のタイミングを考えるのではないでしょうか?

当然、理屈では、株の運用成績は、もっと良くなっていたのではないかという事になります。

 しかし、それ程簡単に儲かるものならば、何故株で損する人がいるのでしょうか?


(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー