株のスクリーニングとテクニカル分析

投資スタイル1つとして株価その他のチャートパターンを読んだりとかする、テクニカル分析という方法があります。
 実際の売買でもテクニカルの判断が非常に重要視されます。

テクニカルと言っても、非常に多くの種類があり、精度も様々で、かなり奥が深いものです。
 しかし、慣れてくるとある程度、「いかにも天井だね。」とか「そろそろ上昇に転じるみたいだね」とかいった事も何となく感じれるようになると思います。

テクニカル分析という方法の重要な点は、それこそ方法は幾らでもあるので、どれが良いとは言えません。
 投資対象などによっても向き不向きもあります。 大事なのは、自分なりの勝ちパターンを見つけることです。
 そうして価値パターンを見つけたならば、後は勝ちパターンと一致する銘柄(別に株に限りませんけれど)をひたすら探す事です。

わたしも一時期、そのために周期的に全銘柄のチャートをチェックするなどしていました。
 しかしこの全銘柄チェックというのはかなりの銘柄数になりますので、相当しんどいものです。

スクリーニング

しかしこのスクリーニングの作業無くして、テクニカルで儲けるというのは成り立たないともいえます。
 持っている銘柄の売り時を計る程度でしたら、スクリーニングの手間は要りませんけれど、次に買う銘柄を探すのにやはりスクリーニングが必要になります。

面倒になってたまたまサボっていた時に限って、「これは儲けたも同然でしょう!」みたいなパターンが表れていたり事があるんですよね。(笑)

このスクリーニングの作業も、手作業が多いと非常に時間が掛かって大変ですので、実際には如何に優れたスクリーニングソフトを使うかと言う事が大切になってきます。
 最近は、色々なソフトやサービスがあって、条件を指定すると、代わりにスクリーニングをやってくれて、条件に一致するものがパパッと表示されたりします。
 自分でスクリーニングをやった事のある人ならば感動モノです。

色々便利なものがでていますので是非試しては如何でしょうか?

楽天証券
 専用トレーディングソフトでマーケットスピードというソフトを提供しています。
 有料のサービスですが、楽天証券で口座を開いて売買をしている人は無料で使えます。
 わたしはこのソフトを使うためだけに口座を開きました。

このマーケットスピードはローソク足や出来高はもちろん、 RSI、ストキャスティックス、サイコロジカルライン、DMI、RCI、MACD、ボリュームレシオ、株価移動平均乖離線、 レシオケータ、強弱レシオ、ボリンジャー・バンド、パラボリック、逆ウォッチ曲線、新値足、ポイントアンドフィギュア、 価格帯別出来高、一目均衡表などが表示できますしし、任意の位置にトレンドラインなどを引く事も出来ます。
 またニュース検索や、いろいろな条件で銘柄を絞り込める機能も付いているなどかなり至れり尽くせりのソフトです。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー