立会外分売

今回は立会外分売についてです

立会外分売とは

立会外分売はIPOに比べると、なかなか地味なので、ご存じないかもしれませんので簡単にどういうものかお話したいと思います。

立会外分売とは
 証券取引所の立会外で株が売り出される点ではIPOと同じような気がすると思いますが、IPOは新規の公開です。
 しかし立会外分売は既に公開している企業の株の売り出しです。

既に市場で取引されているのに、なぜわざわざ立会外分売という形で株を売り出すのでしょうか?
 それは、立会外分売で売り出す株の売主は、オーナー経営者などの大株主などが一般的です。  取引中にまとまった売りを出すと、株価が大きく下落する事にもなりかねません。
 そこで立会外分売でまとめて売り出そうという訳です。

立会外分売で買うメリット

なるほど、売主からすると立会外分売のメリットがあることがわかりました。

では逆に、わたし達投資家が、立会外分売で株を買うメリットはあるのでしょうか?

もちろんメリットがなければわざわざ立会外分売で買う意味がありません。
 立会外分売の買い手のメリットとしては、普通の取引での買いであれば証券会社に払う売買手数料ですが、買い付け手数料が掛かりません。 (売主から、立会外分売の価格よりも安く仕入れますので)

なかなか地味なメリットですが、現在の様に売買手数料自体が安ければ、これはおまけみたいなものです。

分売実施の前日終値よりも数パーセントほど安く購入できます。
 売主からすると、市場で大量に売りに出して大きく値を崩すよりも、数パーセントくらいならディスカウントしても立会外分売で売った方がお得という訳です。

IPOの様に派手に儲かる事はありませんが、IPOの様に競争も激しくありません
 ですから結構手堅く儲かる可能性がある訳です。

取引開始の直前まで申込めますので、市場が開いたら、直後に売却ということも可能です。
 前日の終値と変らない価格で売却出来たとすれば、売買手数料は片道分で、短時間に数パーセントの利益を得る事も可能という訳です。

立会外分売で儲ける方法

短時間の保有で数パーセントの儲けとなると、立会外分売もなかなか良いじゃないかという事になりそうですが、そう簡単にもいかないのが世の常です。
 立会外分売も例外ではありません。

立会外分売で当選した多くの人も同じように考えるとしても当然です。
 ですから、立会外分売で当選した株をみんながいっせいに売りに出せば数パーセントのディスカウント分よりも安くなってしまう事もありうる訳です。
 これでは返って損になってしまいます。

この傾向は、普段の出来高の少ない株ほど当てはまります。
 ですから、立会外分売を狙うとしたら、ある程度普段の出来高が多く、 資本の小さくない銘柄を狙って、当選後、直ちに売ると成功の確率は高くなると思います。

立会外分売を行う企業は、その後に一部昇格などを視野に入れている企業も少なくないようです。(株主数その他の基準をクリアさせるための狙いで立会外分売を行ったりする)
 ですから、立会外分売後に一旦下落しても、その後に株価は上昇する事も少なく無い様です。

この場合は、立会外分売でなくとも、その後の安値を市場で拾って株価の上昇を狙う事も可能です。

つまり、普段の出来高が多く資本もそれなりの株立会外分売で短期に儲ける
 その後の昇格を見込んでの投資であれば、立会外分売後の安値を拾い、それなりの期間保有。

この使分けで立会外分売で儲かる可能性はかなり高くなると思います。

*必ずしも、全てこのシナリオ通りに行くとは限りませんので、十分な調査と判断をされる事をオススメします。

立会外分売は多くの証券会社で取り扱っているようですが、下記の証券会社が結構頻繁に取り扱っている様に思います。
 また、IPOに比べれば値幅は地味ですが、かなりの高確率で当選しますので、立会外分売はかなりのおすすめです。

楽天証券

SBI証券




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー