IPO株を手に入る方法

さてIPO株で儲かるという事が分かっていても、実際にIPOで株を手に入れないことには儲ける事が出来ません。

しかしどうやってIPOで株を手に入れれば良いのでしょうか?

もちろん証券会社を利用する事になるのですが、多分、一般の証券会社ではIPO株を手に入れることは難しいのではないかと思います。
 IPOの申し込みは、主にネット証券を利用する事になると思います。

多くの普通の証券会社では、特別な上客等のための割り当てなどがある事が普通のようです。
 実際に、わたしの場合は、ショボイ客だったので実店舗の証券会社では全然当たりませんでした。

そういえばある超大手証券会社の店頭で、かなり高齢のおじいさんがふらふらと入ってきたら、窓口の雰囲気がパッと変わったという事がありました。
 奥から、証券会社の社員(結構上の役職らしき人たち)数人が奥からダ~ッと走ってきてお出迎えしてました。
 それでそのまま別室へ通されてました。 きっと凄い上客だったのでしょう。 わたしもそういう待遇を受けれるようになって見たいものです。(笑)

ですから、その様な証券会社でIPO株を狙っても、一般庶民には殆ど当選のチャンスは無いということになります。

それでは、一般庶民はIPOで株をゲットする事は出来ないのでしょうか?
 幸いな事にちゃんと一般庶民でもIPO株を手に入れる方法があります。

ネット証券では、逆に上客に割り当てる等という方法を取らず、純粋に機械的に抽選を行うと言う事が多いようです。
 証券会社ももちろん商売ですから平等でなければならないと言う決まりはありませんけれど、
 自分が一般庶民であると思う人は、ネット証券を使ってIPO株の抽選に参加しましょう。
 逆に自分は特別待遇してもらえそうな人は、そのような上客を優遇してくれる証券会社で申込むと良いでしょう。

わたしの場合は、一般庶民なので、普通の証券会社では全く当選した事はありませんでしたけれど、公平に抽選してくれる、ネット証券では何度も当たりました。

ここで問題になるのが、IPO株は手に入れば儲けたも同然なので、当然倍率も高くなります。
 例えば、自分が使っている証券会社で、IPOを月に1銘柄取り扱ってたとします。
 仮に平均競争倍率が30倍だったとすると、毎月申込んでもやっと当選したのは2,3年後だったということにもなりかねません。

普通の人はそんなに待ちたくないでしょうし、もっと多く当選したいと思います。
 それにはどうすればよいのかと言うと、当然ですがIPOはブックビルディングによる抽選なので、より多くのIPO株を手に入れるにはひたすらたくさん応募しなければなりません。

また、IPOの株というのは、既に公開している株と違ってどこの証券会社でも取り扱っているという訳ではありません。
 先にお話したように幹事証券とかの関係があるのでそのIPO毎に扱っている証券会社が違っていたりします。

ですから、IPOで株を手に入れるためのコツとして出来るだけたくさんの証券会社に口座を開いておく必要があるのです。
 応募したいIPOが分かってからのんびり証券会社に口座を開く手続きを行っていては、多分間に合わない(数週間掛かる事が普通ですし、 訂正で戻ってきたりすると口座開設まで更に時間が掛かります。)と思います。

またIPOで当選するためにどうすればよいというテクニックの様なものもありますが、確かに違う事もありますが、 手間の割にはそれほどの効果は無いのではないでしょうか?

一番確実にIPO株を手に入れるのは、如何に沢山のIPOに申込むかに掛かっています。

事実、IPO株を複数回手に入れている人は、ほぼ間違いなく複数の証券口座を持っています。
 5社~10社位は、口座を持っている人が多いようです。
 かなりお金を持っている人ですらそうです。  上客ではないと思っているのならば、せめて出来ることは、上客以上にやるべきではないかと思います。

IPOを取り扱っている証券会社に一旦口座さえ持っていれば、申し込みなんてちょちょっとで済みます。
 費用も全く掛かりませんしこれほど簡単な事はありません。

IPOを取り扱っている証券会社

トレイダーズ証券
サイトのどこにもIPOについて触れていないので、殆ど知られていないが、じつはここもIPO株を取り扱っている。 (口座を持っているとメールで案内が来る。)  IPO株申込みの競争倍率が低く狙い目か?

マネックス証券  実はIPOの取扱は数量共に圧倒的な実績を誇ります。


抽選が2段階になっていて、優先時間帯にブックビルディングに申込むと優先して抽選が行われます。
IPOに急いで申込んで当選確率アップ

カブドットコム証券

SBI証券

丸三証券

楽天証券

松井証券

またIPOに参加するためには各証券会社に頻繁に振込みを行ったり、逆に次のIPOに申込むために、振り込んで貰う事も多くなるので、 振り込み手数料が無料になったり(提携している証券会社もある)、格安で振り込める  ジャパンネット銀行  の口座も開いておくと振込み手数料も節約出来ますし、ネットバンキングで素早く対応できて便利かと思います。
 手数料はともかくとしても、急ぎの時は本当に重宝します。

IPOで株を手に入れるには出来るだけたくさん申込まなければならないのですが、結構困った問題が資金の問題です。
 当選したもののみ払えれば良いのですが、実際には抽選前に資金を入れておかなければなりません
 複数のIPOに申込む時に結構日程が重なっていて資金的に申込めないということがあるかと思います。
 抽選前には資金を入れておかなければならないというのは、いたずらに競争が過熱するのを防ぐためだと思います。

大体、IPOの抽選の申込み〆切の翌日くらいまでに抽選になります。 ここで落選すれば資金の拘束はなくなる訳です。
 また公開日もそれから2,3日後くらいなどというように非常に短期間の資金の固定で済みます。

IPOは沢山の銘柄だけでなく沢山の数量を申込んだ方がより当たりやすくなります。
 ですからIPO株に沢山申込める人は出来るだけ多く申込んでおいた方が良いと思います。

DCキャッシュワン 限度額300万円(初回100万) 原則当日可
限度額も結構多く融資も素早い。また銀行系なので金利もそれなりに安い。

モビット 三菱東京UFJ銀行系
限度額300万円

NO LOAN 一週間までなら金利無料。 限度額200万円

(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー