ブックビルディングに参加する

さてIPO株を手に入れるためにブックビルディングに参加する事になると思います。
 しかし全く初心者の人は、このブックビルディングの仮条件の価格帯で金額の上限から下限の間の幾らで申込めばよいのかと不安に思われるかもしれません。

実際IPO株の初値予想だとか色々と悩むところでしょうけれど、実はこのブックビルディングにおいての申込み価格を決めるのは簡単です。

ブックビルディングに参加する場合は、ブックビルディング申込み価格は上限で申し込みます。

「え?初値が幾らになるかもわからないのに上限で良いの?」

確かに初値なんて分りません。 では何故?

 仮に、ブックビルディングで申込み価格を上限以下にしたとしましょう。
 もしもそれでIPO株が当選したとします。

ブックビルディングで上限に達しなかったという事は、すなわちそのIPO株が人気がなかった事を意味します。
 ブックビルディングの段階で上限に届かなかったのに、人気化して初値が更に高くなる可能性は極めて低いと考えるべきでしょう。
 それどころか公募価格を割り込む可能性の方が大きいのではないでしょうか?

ブックビルディングに参加してIPO株を手に入れる事が目的ではないはずです。
 IPO株で儲けるのが目的ならば、ブックビルディングの段階で人気がないIPO株を手に入れる意味は無いのではないでしょうか?

ブックビルディングに申し込む際に目論見書に目を通す事になりますが、有望だと判断すれば、ブックビルディング上限で申し込む。
 そうでなければ申し込まない。
 このどちらかです。

 ですからブックビルディングの申込価格は上限以外は必要ないと言って良いと思います。

IPOを取り扱っている証券会社です。

マネックス証券
IPOの取扱は数量共に圧倒的な実績を誇ります。

トレイダーズ証券
サイトのどこにもIPOについて触れていないので、殆ど知られていないが、じつはここもIPO株を取り扱っている。  (口座を持っているとメールで案内が来る。) IPO株申込みの競争倍率が低く狙い目か?


抽選が2段階になっていて、優先時間帯にブックビルディングに申込むと優先して抽選が行われます。
IPOに急いで申込んで当選確率アップ

楽天証券

SBI証券

松井証券

カブドットコム証券

など

(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー