競売物件の不動産投資

競売不動産が身近に

最近の不動産投資熱と法律の整備で競売不動産もグッと身近なものになったのではないかと思います。

競売不動産が買いやすくなったと言うのは良いのですけれど、ちょっとあまりにも大丈夫なのかなと言う事も少なくないようです。

競売不動産に入札する時に、普段チラシや売買情報誌などで見ている価格と、競売物件をそのまま比較してしまう人も少なくないのではないでしょうか?

不動産業者を通した普通の不動産物件の売買であれば、中古物件を実際に内覧したり、物件の問題の有無などを確認してから買うことが出来ます。

 しかし、競売不動産の場合は全く違います。
 確かに何も問題なく安く買えれば儲けモノです。

競売不動産のリスク

しかし競売不動産の場合、裁判所で競売物件の資料を閲覧して問題ないと判断しても、資料に書いてある事と実際には異なる場合も多々あります。
 一般の不動産売買であれば、売買契約時に明らかにされなかった重大な問題があった場合、売主側に責任を問えます。
 しかし競売物件の場合は全く違ってきます。
 仮に裁判所の資料が間違っていたとしても、買受人の責任となります。

更に物件の内部は普通は裁判所の資料の写真で確認するだけですが、写真を撮られた後に状態が大きく変っている場合もあります。 (立ち退かされる嫌がらせに、内装などを壊して出て行く等)

一般の中古不動産売買の場合は、一応リフォーム無しでも、そのまま住んだり貸したり出来る状態になっているのが普通だと思います。
 しかし、競売不動産の場合は、そのまま貸せる状態である事がむしろ少ないと思います。
 当然リフォーム費用が掛かります。
 リフォームを頼むとどのくらい掛かるかなども考えなくてはなりません。

中古車に例えると分りやすいかもしれません。
 業者から買えば、問題カ所も知らせてくれるでしょうから、それで買うかどうか判断できます。
 また保証なども付いているでしょう。

 しかし個人売買では自分で修理箇所などを判断して買う事が必要になってくるのではないでしょうか?
 何も問題がなかったり、自分で十分に解決できる範囲であればかなりお得な買物になるかもしれません。
 でもよくわからないで買うと、買った後で、次から次に故障して、思わぬ修理代がかさむかもしれません。

 むしろ個人売買であれば、実物を確かめたり、契約と実物に違いがあれば、責任を問う事も可能です。

しかし、競売不動産の場合は、それすらも出来ません。 それらのリスクを全て考えてから、入札価格を検討する必要があるのです。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー