日本人の貯蓄率が高い本当の理由とは

先の 預貯金で損をする でもお話ししましたが、実際には預貯金はあまり資産運用としては良いものではないのですが、なぜか日本人は貯蓄が大好きです。

一方で、「株などの投資は恐ろしいもの。 ギャンブルの様なもの。」というイメージを持っている人も多いと思います。

なかには「先祖代代、株だけはやるなと言われている。」などと言う人もいます。

確かに投資には、リスクはつきものですが、すでにお分かりと思いますが、何もしない(預貯金などで済ませる)という選択にも、リスクがあるという事が分かってもらえたと思います。

でも普通の日本人は、なぜこのように、「株などの投資は恐ろしいもの。 ギャンブルの様なもの。」
「まっとうな人は、銀行が一番。」
といったような思い込みがあるのでしょうか?

「日本人は勤勉な国民性だから、きちんと貯蓄(銀行や郵便局へ)する。」というように思っている人も多いのではないかと思います。

実際に、アメリカなどでは確かに貯蓄率が低かったりします。
ですが別にアメリカ人がみな浪費ばかりしているから、貯蓄率が低い訳ではないのです。

積極的に投資に回すので、資産の運用にならない貯蓄の分が低いだけなのです。

では、なぜ日本人は、これほど、「投資はしないけれど、せっせと貯蓄する」と言うことになっているのでしょうか?

じつは日本人が勤勉だから貯蓄に励むという事はありませんし、国民性とも何の関係もありません。

日本の政府の政策で、意図的に個人の資産を貯蓄に回すように誘導してきたからなのです。

日本の戦時中とか戦後の、日本という国が貧しく、国を発展させるために必要な資金をねん出するために、
個人の資産を貯蓄という形で集めて、
政策に沿った、特定の産業や企業に効率よく融資という形で分配するために作りだされた、
システムとそのためのシナリオだった訳です。

その当時は、非常にうまく行き、おかげで日本は世界でも有数の豊かな国になれました。

ですが現在では、全く状況は違ってきて世界の中でもじりじりとランキングを下げてきています。
日本は豊かな国から転落していた でも詳しくお話ししてます。

それなのに、個人の意識の中では、未だにそのまま引き継がれているということなのです。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー