ペイオフ

ペイオフは誰にでも関係がある

ペイオフについて、自分は1千万も無いので関係ないと思っている人も多いのでは無いでしょうか?
 しかし実際には、1千万円以下でも関係があります

いままでは、預金の全額が保護されていたものが、05/04/01から元本1千万円を越える部分に関しては保護されなくなりました。

一般的に考えられるペイオフ対策として、複数の銀行に分散して預けるということや新しく出来た決済用預金という口座を利用する等では無いでしょうか?
 決済用預金とは無利息、いつでも引き出せる、決済に使える、全額保護の対象になるというものです。
 要するにいままでの普通預金が保護の対象になる代わりに利息が付かない預金ということです。

まあ現在の利息を考えれば預金の利息なんて只みたいなものだから変らないといえば変らないともいえますけれど。

さて、話は預金が1千万円以下でもペイオフに関係無い訳ではないという話に戻ります。

銀行が破綻すれば、確かに1千万円以下は保護されるのでしょうが、直ぐに下ろせる訳ではなく、一旦全ての預金はロックされる事になるはずです。
 あなたのお金が戻ってくるのではなく、預金保険機構なりが肩代わりして代わりに預金者に支払うという事になるはずです。

 当然にその間の時間が掛かる事も考えられますし、破綻した金融機関でローンの支払いやその他支払いの引き落としなどもストップする事になるでしょう。


 ですから、ペイオフ対策は、預金が1千万円以下のひとでも考えておく必要があるのです。

最近は、他にもフィッシング詐欺スキミングキーロガーなどいろいろな方法であなたのお金が狙われています。
 これらの対策はどうすれば良いのでしょうか?




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー