外貨預金

外貨預金は投資信託についで、円預貯金から離れて、初めて投資に目が向いた人が考える金融商品ではないでしょうか?

現在の日本国内の低金利からすると、外貨預金はかなりの高金利の様に思えますが実際どうなのでしょうか?

外貨定期預金

外貨定期預金では、通貨によっては一年定期で5%近くのものもあるようです。 それと比較すると、一般の円定期は0.1%程度と冗談の様な金利ですから、 それから比較すると外貨定期預金はかなり魅力的なような気がします。

ここで、ある銀行のUSD(米ドル)外貨定期預金を見てみることにします。
 ただし、実際にはUSDは金利はそれほど金利が高い通貨ではないのですが。

 とある都市銀行のTTSとTTBを見てみるとTTS105.75円、TTB103.75円となっていました。(レートは幾らでも良いのですが)

TTS、TTBというのは?

TTS(対顧客電信売)。 銀行が顧客に対して外貨を売る(円を外貨に交換する)時に用いる為替レートのこと。
  TTB(対顧客電信買)。 銀行が顧客に対して外貨を買取る(外貨を円に交換する)時に用いる為替レートのこと。

 つまりスプレッド(売りと買いの差額で銀行の儲けとなる)は2円となっています。
 これを計算しやすく$1がTTS100.00円として説明してゆきます。
 因みに金利はUSDの害か普通預金で0.1%!となっていました。

これではお話になりませんが、取り敢えず金利の事は考えずに話を進めます。
 100万円を外貨定期預金にしたとして$1万です。
 これを満期になって受け取るときに為替の変動が全く無かったとして、TTB98.00円ですから、98万円という事になります。(金利を含めないで)
 つまり外貨定期預金では金利約2.04%分が不利になってしまいます。(利息の税金を考慮しなくても)
 ですから、それを補う以上の高金利でなければ外貨預金はマイナスだという事になります。

外貨定期預金はリスクだらけの外国為替投資

ところでここで視点を変えて為替の動向を見てみると、ここ2年間でドル高の時で130円ほど、ドル安の時は104円ほどとその差は26円、 ここ1年では120円と104円で16円の差があります。
 つまり数%程度の金利差などはあっという間に消し飛ぶほどの為替の変動があった訳です。
 ですから外貨預金というのは預金という名前ではあるけれども外国為替投資に他ならないのです。
 その上、外国為替投資として考えると、外貨定期預金は、スプレッドの開きは大きく、更に為替の変動時に大きく円高になると思っても中途解約の出来ないというリスクがあります。

円定期預金と違って、外貨定期預金は途中で一切解約できないからといって、外貨普通預金の金利はあまりにも低すぎます。
 これでは、並大抵の事では為替手数料の分を金利で取り戻す事は出来ません。
 外貨定期預金がリスクだらけの外国為替投資ならば、外貨普通預金はメリットの無い外国為替投資と言ったところでしょうか?

また通貨によっては高金利の外貨預金もありますが、金利の高い通貨は弱い可能性が高く、高金利以上に為替差損を被る可能性が高い事も理解しておくべきです。

それでは、あまり魅力的な外貨預金が無いから諦めるのか?
自分で有利な外貨預金を作れば良いのです!

それは、次の 自分で作る外貨預金 で




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー