銀行預金や郵便貯金は投資運用ではない

もっとも手堅い投資、資産運用というと、一番最初に思いつくのが定期預金等の預貯金ではないかと思います。
 しかし預貯金は投資でも無ければ、運用でもありません。 もちろん普通預金に預けたままにしておくというのは論外です。
 これは、現在超低金利だから投資や運用ではないといっているのではありません。 高金利であってもおなじ事なのです!

何故ならば、銀行などが預金として集めるお金は、いわば銀行側からすると仕入れの一部という事になります。
 これを融資(一般の商売で言えば販売)等をおこなって儲ける訳です。

銀行は、いつでも儲かる金利で預金を受け入れます。
 ですから、お金を預ける方は一般の商売に当てはめるならば、メーカーや卸であればそれで儲ける事も出来るでしょうが、 預金者(お客)がそれで儲かる事は無いと思いませんか?
 銀行は、預金者に利息を払って喜ばせようと思っている訳ではなく、自分が儲かるためにやっているのです。(商売ですから当然です)
 お客さんと商売人ではどちらが儲けているかは誰でもわかると思います。




現実に預貯金だけでお金持ちになった人はいまだ世界中で誰一人いません。
 それどころか、長い間預けておいたお金は利息を含めても、物価を考えれば、利息の分を含めても確実にどんどん目減りしているのです。
 仮に預金金利が高金利の水準の時期で、あなたが利息が増えたと思って喜んでいる時には、実際にはそれよりも高い割合でインフレが進んで、 お金の価値がどんどん目減りしてきているという様に思うべきなのです。

全ての資産を株や不動産等で持っていると直ぐに換金の出来ない場合があります。
ですから定期預金は、何かあった時に直ぐに換金出来る程度のお金と言うことであって、決して投資や運用ではありません。

普通預金は、普段の決済等の為の手段、または一時的に使い道を検討する間の保管場所程度に思っておいた方が良いのです。

ぐずぐずと、必要以上のお金を預けているのは、 膨らませた風船が、気が付かないうちに萎んでしまうように、  じりじりとお金の価値を目減りさせていると思っておいた方が良いのではないでしょうか?

 

実は、この投資は危険なもの、貯蓄は勤勉な日本人の国民性というイメージの裏には、ある事実が隠されているのです。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー