オプション取引入門

オプション取引とは一体どんなもか、ここではかなり簡単にお話させてもらいます。

まずオプション取引というのは、株などの有価証券と違って権利の売買です。

オプションの種類

オプション取引の対象は、 コールオプション と プットオプション の2種類があります。

コールオプションというのは買う権利です。
 ある対象を決められた期日までに、 決められた金額で 決められた数量 を買うことが出来る権利です。

プットオプションというのは売る権利です。
 ある対象を決められた期日までに、 決められた金額で 決められた数量 を売ることが出来る権利です。

更に
 コールオプションとプットオプションのそれぞれ 買い と 売り がありますので4種類のパターンがあることになります。

オプションの売買

買い
 コールオプションを買った場合は値上りすると儲かります。
 (逆に下がると買った金額を限度に損します。)

 プットオプションを買った場合は値下がりすると儲かります。
 (逆に上がると買った金額を限度に損します。)

 権利を買うので、どちらも行使せずに放棄する事も出来ます。

売り
 コールオプションを売った場合は値下がりすると儲かります。
 (逆に上がると損は限度はありません)

 プットオプションを売った場合は値上りすると儲かります。
 (逆に下がると損は限度がありません)

 権利を売っているので、権利を行使されれば引き受けなくてはなりません。
 例えれば、売りから入るのは空売りの様なものです。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー