なぜ投資は必要か

投資というと、ある程度「お金が貯まったら考えるもの」という考えの人がいるかもしれません。

また、まとまったお金が無いと投資は出来ないと思っている人も多いでしょう。

 

しかし投資は、お金が貯まってきてから考えるものでもなければ、まとまったお金が無いと出来ないものでもありません。
確かに投資の種類によってはある程度まとまった資金が必要な場合もありますし、お金が多いほど投資対象などの選択の幅も増え、有利になります。
 しかし、少ない資金でも投資出来ない訳ではありません。 資金が少ないのなら、少ない資金なりの投資を考えるべきなのです。

受験で例えれば、大学に入学したら勉強しよう仕事で例えれば、出世できたら仕事をがんばろうと言うようなものです。
 普通は大学に合格するためには勉強しなければ合格しないでしょうし、頑張って仕事をしたから出世出来ると言うものです。
 そうして、実際に入学したら受験勉強とは違った学問を学ぶし、出世して上の立場になったらまた違ったものが見えてきたり、新たなスキルが必要になってくると言うようなものではないでしょうか?

投資だって同じで、少ない資金であれば少ないなりの、資金力があればあるなりの、それぞれに応じて投資を考えてゆくべきなのです。

 これは投資ばかりではなく、お金と言う事で考えてもおなじ事です。
急にもちなれない大金を手に入れた人が、あっという間に訳のわからないものに使ってしまったり、 逆に全くどうして良いのかわからず途方にくれてしまうのと同じようなものです。
やはり何事も少しずつ準備しておくべきなのです。


 ですから、急に大金を運用しようと思ってもどうやって良いのかわからないのではないでしょうか?
 せいぜい失敗するのがオチだと思います。

また、リスクを犯してまで投資するべきではないという人もいるでしょう。
 しかし、資産家で、投資に無縁な人は例外的な人ではないでしょうか?
 つまりお金持ちの条件として、投資というものは必須だという事では無いでしょうか?



ローリスク、ハイリターンの投資

しかし、投資でリターンを望めば、リスク無しにはありえません。
 そして短期的な変動はありますが、ハイリターンを狙えばハイリスク、ローリスクを狙えばローリターンになります。

何故ならば、一時的にハイリターンでローリスクというものがあったとします。
 当然投資したい人が増えますから、大量に資金が集まります。 そうすると急激にリターン率は低くなって行くのです。
 そうするとリスクに見合ったリターンに収束して行くことになるのです。

ですからローリスク、ハイリターンというものは普通ありませんが、ハイリスクにも拘らずローリターンというものは多いので注意が必要です。

 一般にどれだけハイリターンを狙うかということは、どれだけのリスクを受け入れる事が出来るかということになるかと思います。

投資の見返り

投資を考える時に、何故本気で学ぼうとしなかったり、人任せにしようとするのでしょうか?

会社勤めの人であれば、毎日長い時間を拘束され、頑張って働いて、場合によっては非常に嫌な思いをしているのではないでしょうか?  そしてまとまった休みをとる事もかなり難しい事も多いでしょう。
 それほどまでやって月に幾ら稼いでいますか?

それに引き換え投資はどうでしょうか?
 ホンのちょっぴりの時間を投資のために割くだけで、全然結果は違ってくるのではないでしょうか?
 場合によっては、給料とは比較にならないくらいの見返りをもたらす事もあるのではないでしょうか?

 それなのに多くの人は他人のためにあくせく働いても、自分のためにはサボってしまうなんておかしいと思いませんか?




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー