外国為替証拠金取引は危険か

外国為替証拠金取引と言うと何だかとんでもなくリスクの大きいものだと思っている人も多い様ですが、 実際のところどうなのでしょうか?

株式投資の経験のある人でも、外国為替証拠金取引というと危険なものだと思っている人もいるようです。

外国為替の価格変動リスク

では、ここでリスクを、価格の変動で考えて見ましょう。

金利(債券)<為替<株

この様な感じで、為替の変動よりも株価の変動が大きいのが普通です。
 実際の株の銘柄を思い出してみると、株であれば、1日で株価が一割程度の値動きはそれほど珍しい事ではありません。

しかし、外国為替で1日で1割の相場変動がどれほどあるでしょうか?
 まず、滅多な事では起こりえません
 例えば円米ドルで、一日で為替相場が1割以上変動する様な事態になったら、新聞やニュースなどでも大きく報じられるのではないでしょうか。

これは別に1日に限った事ではありません。
 株価が数ヶ月で何割も変動しても、一喜一憂する人は多くても、それほど驚く事では無いと思います。
 しかし外国為替で何割も変動したらどうでしょう?

こう考えると、外国為替証拠金取引での価格変動のリスクは株よりもはるかに少ないと考えられます。

また株には粉飾決算や株価操作、倒産などの上場廃止などのリスクやインサイダー取引による一般の投資家の不利などもありますが、外国為替証拠金取引では、 ひとつの国の通貨の価値がゼロになったりとかその他の場合も非常に可能性は低くいものと思われます。

なぜ外国為替取引が危険と思わるか

それは外国為替証拠金取引が非常に高いレバレッジを掛ける事も可能だからだと思います。
 株の場合も信用取引でレバレッジを掛ける事は可能ですが、せいぜい数倍です。

ところが、外国為替証拠金取引の場合は、数十倍程度のレバレッジを掛ける事も普通に出来ます。
 これほどの高いレバレッジも外国為替証拠金取引がリスクが低いからこそ可能な事です。

しかし、レバレッジを掛けられるからといって、初心者が目一杯レバレッジを掛けるのは、無謀です。

別に外国為替証拠金取引がレバレッジを掛ける事が可能だからと言って、レバレッジを掛けなければならない訳ではないのです。

例えれば、高性能のクルマに乗ったからといって、いつもアクセル全開にするなんてまともな神経であれば出来ません。

証拠金の50倍のレバレッジだと、1万ドルの証拠金で50倍目一杯掛ければ、 たとえ1万ドルしか口座に入れていなくても50万ドルの取引なのだと理解しておくべきです。

クルマで無謀な運転は命を失う危険があります、
FXの場合は、命を失う事はありませんが、無謀なFX取引では、大切なお金を失うことになりかねないのです。

株よりも相場変動が小さい為替であっても、あまりにも高いレバレッジでは、ホンのちょっとした相場のアヤで証拠金が消し飛んでしまいます。

外国為替証拠金取引のリスクは低い

この様に外国為替証拠金取引は、実は株よりもずっとリスクは低いのです。
 ただ単に自分の身の丈に合った取引をすれば良いのです。

外貨預金とFXを比較 のところでは、 外貨預金よりもむしろ外国為替証拠金取引の方がリターンが大きく、リスクが少ないという事をお話ししました。
 外国為替証拠金取引というのは、キチンと行えばこれほど便利なものはないと思います。

初心者が、いきなりレバレッジを掛けまくって取引すれば無謀ですが、仮にレバレッジを1倍にすれば、米ドルで生活しているアメリカ人が、為替相場の変動で、戦々恐々とする事はないのと同じように、FXだからと言って特に恐れる必要はないのです。

マネーパートナーズ 高い約定力で定評

セントラル短資FX 実力の短資

マネックスFX 人気のネット証券




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー