外国為替に投資は色々な方法がある

外国為替に投資する方法は、実は外国為替証拠金取引(以下、FX)の他にも色々な方法があります。

例えば、外貨預金や外貨建ての債券や投資信託の様な金融商品に投資するのもそうです。

外貨建て金融商品

投資信託でも株でも良いのですが、
外貨建ての金融商品だと、その投資対象そのもので利益を上げるのはもちろん、さらに為替でも利益を上げなくてはなりません。

仮に投資対象が値下がりしたとしても、
為替の利益でトータルで見ると「お金が儲かった」ということも起こります。
でもその場合、
本当は為替だけで儲けていればもっと儲かったのに、
投資の損の穴埋めを為替の儲けでやったに過ぎません。

投資で儲けるだけでも大変なのに、外貨建ての金融商品だと、
投資対象としての金融商品と、
為替の、
2重の判断が必要になってしまいます。

わたしも、よく、つい欲をかき過ぎて、投資の儲けと、為替の儲け、両方同時に儲かるタイミングを考えたばかりに、返って儲けそこなった.なんて事がよくあります。

そして、
外貨建ての金融商品に投資するには、
円が下がることが絶対条件
になります。

ですから円高すらも圧倒する絶対的なパフォーマンスを上げるのであれば別ですが、
円高局面では投資の対象にするのは難しいのです。

それなら、外貨預金ならどうでしょう?
外貨預金は、FX取引とどちらに投資しようかと考える人がとても多いようですので、
次の 外貨預金と外国為替証拠金取引を比較してみると で詳しくお話しします。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー