FXで損するタイプ

FXを始める上でぜひ知っておいて欲しいのが、FXの取引で失敗するパターンです。
まあFXだけでなく投資全般に当てはまる事ですが、
失敗のパターンを知っておけば、損をずっと減らせるはずです。

ありがちな失敗について、わたしの豊富な失敗談がお役に立つのではないかと思います。

余裕のない資金でFXを始める

例えば、「すぐ後に使うつもり.」とか「暫くしたら使う予定」のあるお金を、「ちょっと増やせるかな♪」なんてことでFXを始めるとか、「生活資金をFXに充てて、失敗したらやばい.」なんてお金です。

それから、自分にとっての「大金で、もしも失ってしまったら立ち直れ無い.」金額でも同じです。

余裕の無いお金だと「絶対に失敗でき無い」と焦りが出ます。
そういうお金でFXをやるとまず失敗します。

さらに悪いことに、そういう余裕の無いお金で損を出すしてしまうとと、大抵の人は掛け金を増やがちです。
今まで損したお金を一気に取り戻そうとするのです

特にFXでは、元手を増やさなくてもレバレッジを高くする事でかんたんに出来てしまいます

こうなるとFXはもはや投資ではなくなり、一か八かのギャンブルです。
こうなると残りのお金もあっという間にスッてしまいます。

わたしの場合は、もしも2回続けてトレードで損を出したら、いったん冷却期間を置くために暫くトレードを中止します。
失敗が続くと、つい感情的になって普段やらない様なバカな取引をしてしまいやすいからです。

冷静な判断が出来なくなったら必ず負けます。

余裕のあるお金といっても結局、本人の心の問題です。

お金自体には余裕があっても、負けた時のダメージの度合いは人によって違います。

同じ金額、たとえば100万円を失うにしても、ある人は自己資金200万円の内の半分なのにそれほど凹まないかも知れません。
逆に1億円ほど投じて、100万円の損でかなりドキドキになってしまう人だっているでしょう。

投資を始めるときに、初心者は、つい儲けた時のことばかり考えます。
でもFXで100万円を儲ける可能性のある取引は、100万円を損する可能性のある取引なのです。

FX取引は、その都度どのくらいの損まで許容できるかを考えてトレードをするべきなのです。
一度にドカンと儲けようとしないで、少しずつでも確実にお金を増やして行くのが、結局は大きく稼げる秘訣なのです。

なにしろFXでは無理にお金をたくさん用意する必要はありません。
株や不動産と違って、僅かのお金からでも取引できます。

少しのお金であれば儲けも少ないと思われると思います、
でも、少額でも確実に利益を積み増しできる力をつければ、あなたが思うよりもずっと早く、お金は増えて行きます。

でも少ない金額の取引で、せっかく勝てるようになっても、いきなり取引額を増やすとたぶん失敗します。
コツは、上手くいっても取引額は一度に増やさず、少しずつ増やすことです。

少ない資金から取引できるFX業者です。

トレイダーズ証券「みんなのFX」

マネーパートナーズ

MJ

マネックスFX




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー