アメリカ株に投資

アメリカ株の魅力

アメリカの株に投資するという事は、単にアメリカの株だけに投資するときばかりでなく、総合的に投資を考える上で重要になってきます。
 それは日本の株に投資するときに海外の株にも投資し、海外市場とドルにリスクヘッジという点でも重要になってくると言う事です。

アメリカの整備された市場

アメリカの株式市場には世界中から投資資金が集まってきますし、日本とは比べるのも申し訳ない位、市場や法律が整備されています。

最近の株の取引量の増加に対する対策ひとつ比べても、日本の東証は頻繁に遅延が起こっており、いつ取引が停止してもおかしくない状態です。
 それを今後一年くらいのうちに東証はやっと1.5倍程度にしたいとの事です。  一転、アメリカの場合は、過去の最大の取引量の10倍程度の余裕を持たせており、 更にシステムの増強を図っているそうです。

アメリカ株の投資は国際通貨ドルへの投資

アメリカの株に投資するという事は、国際通貨のドルに投資するということ。
 つまり、日本株の投資だけでなく、アメリカの株に投資するという事は、日本の株式市場のみのトラブルに対するリスクヘッジであり、 円に対するリスクヘッジも図る事が出来る。

アメリカの企業は株主重視

日本では個人株主を無視したような事が平気で行われています。
 アメリカの企業では、株主の権利が尊重されており、経営者は常に株価をあげるために努力しています。
 株価を上げる努力が出来ない経営者は、その職を失う事になります。 株主を無視した日本企業とは大きな違いです。

アメリカの株は配当性向が高め

日本の企業の様に、成長率も低いのに配当性向も低いということは許されないので、アメリカの企業は配当性向は高めです。

アメリカの企業はIR情報が豊富で信憑性が高い

法律などで整備されているのはもちろん、アメリカは訴訟社会でもあるので、企業の情報開示も、情報量はもちろんその内容の信憑性も非常に高くなっています。

もちろんエンロン事件などのような事もありましたが、それでは日本の企業の場合それ以上に安心出来るのか? と言うことです。

また、日本にとってアメリカやアメリカの企業も馴染みが深く、普段のニュースその他の情報も得やすいというのも大きいと思います。

アメリカの株が買える証券会社

これほどメリットも多く、また馴染みも深いアメリカ株なのですが、実は意外に取引できる証券会社は殆どありません。

ネット証券でアメリカ株をまともに扱っているのは 楽天証券 程度、
それに SBI証券 が若干扱っている程度の様です。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー