海外投資とクレジットカード

海外と取引の場合

海外投資を考える上で、あまり気が付かない事だと思いますが、クレジットカードは実は結構重要です。

また、海外投資ばかりでなく、海外からのネットショッピングなどでもクレジットカードは必需品です。
 しかし、このクレジットカードはどこのものでも良いのかと言えば必ずしもそうでは無い様に思います。

何故ならば、海外取引は日本では考えられないようなトラブルも多いのです。
 商品を送ってこない、量が違う、わざと不人気商品や不良品を送ってくる等何度も経験しました。
 個人的にメールや電話で抗議しても埒があかない事が多いのです。  その様なときに、非常に重要になってくるのがカード会社です。
 カード会社によっては、きちんと相手と交渉してくれるところとそうでないところがあります。

カード会社が何もやってくれなければ、自力で解決できなければお手上げ。 当然、カードで決済した分の支払いもやらなくてはなりません。

海外投資の場合

不動産投資の場合、日本ではなくその国でローンを組みます。
 しかしその場合、普通は外国人で非居住者ですから、簡単にローンがおりません。

例えば、外国から日本にふらっとやってきた人が、いきなり日本で不動産をローンで買いたいと銀行にローンを申し込むのをイメージしてみて下さい。(笑)

しかし、特にアメリカでは、クレジットカードは信用や身元確認に非常に大きな力があります。

ローンを組む際も信用調査でクレジットカードの取引履歴を調査されるのですが、当然外国ですから日本のカードでは調べることが出来ません。
 ですから日本のカード会社から取引履歴を出して貰って、それを訳しなければなりません。
 その際に、翻訳が正しいものであると言うことを証明するためには公証などを行わなければなりませんが、費用の点でも手間でも、結構面倒な上に、 取引の関係上時間的にも非常に不利です。

ところがこの取引履歴をそのまま英語で発行してくれるカード会社があります。




わたしは、海外で不動産購入のときも、海外からの商品の輸入のときのトラブルでもいつも助けられたクレジットカードがあります。
 国内だけであればどこでも良いのかも知れませんが、海外を考えればプライベートでも旅行やその他、十分に検討する必要があると思います。
 (ついでにマイルも簡単に貯めることも可能だと思います。)

そういう意味で是非お薦めなのがシティバンク(正確にはシティコープ)のシティカードです。
 私は学生の時は家族カード、現在は自分のカードとして、合計シティバンクのカードを3枚使っています。
 カードは沢山使い別けていますが、個人的にはダイナースやアメックスよりもシティバンクが一番のお気に入りです。
実際、海外絡みの場合は、出来るだけシティカードを使う様にしてます。

ダイナースはサービスなどは問題ないのですが、使えるところが結構限られるのが泣き所です。
 もともとシティコープはアメリカの会社ですから(全米一の金融グループだったと思います。歴史もかなりある会社です。)、シティカードが海外で使い勝手が良いのも当然ですし、 連携もスムーズだと思います。

それに何を隠そうダイナースカードもシティグループの一員なのです。
 そう考えるとシティカードの質の高さも納得できると思います。

実際に海外で不動産を買うためにローンを組む時には、シティカードの威力を痛感しました。
その国に国籍もなく更には非居住者
当然何らかの保証人もなしですし、
その国に担保もありませんから担保も無し

 それにもかかわらず、ローンはおりました

今すぐにしろ将来にしろ、海外に目を向けるのであれば、取引履歴がある程度長く(数年間前までチェックされる)ないと信用として評価されませんので、 出来るだけ早い段階で、このカードで取引実績(もちろん日本国内でも構いません)を作っておくと良いと思います。

取引履歴を作っておく上で重要なのが、大きな金額の取引よりもむしろ、 長期間、事故無く(滞納や不払いなど)キチンと取引を続けている事だと思います。

単なるクレジットカードと考えれば、他よりもちょっと会費は高いですが、普通とは比べられない程の利用価値(ステータスを別にしても)を考えれば、会費が普通より高くてもすぐに元は取れると思います。
 いま初年度会費が無料ということですので、1年あれば充分に価値があるかどうか判断できるのでは無いでしょうか?

海外投資など当分は予定していないと言う人は、シティカードの中でもカード会費無料のシティクリアカード等であれば、年会費永久無料ですから、
当面そちらを利用されて取引実績を得ておいて必要になったと思った時に、他の種類のシティカードに切り替えてもらうと言う手もあるのではないかと思います。

シティカード

  なお最初の表示に関係なく、カード申込画面の中で、クリアカードやクラシック、ゴールドと自分の好きなカードを選べます。(必要事項を入力すると選択出来る様になっています)

シティバンクとシティカードの連携技

さらにゴールドカードならかなり凄い特典があります。
 実は、関連のシティバンク(銀行)と組み合わせた使い方です。

シティバンク(銀行)は、かなり便利な銀行で、海外送金をする時の手数料が安かったり (条件を満たせばタダになります)するのですが、その他にも米ドル建ての小切手を受け取って換金する場合はシティバンクの小切手だと手数料が無料です! (世界でも有数の銀行なので、アメリカから小切手を受け取る場合、シティバンクと言う事も意外に多いです。)  米ドル建ての小切手だと普通の日本の大手都銀などだと1枚4~6千円くらいの手数料が掛かるみたいですが、これが無料です!
 シティバンクだと、シティバンク以外でも確か千円くらいだったと思います。

とまあこんな感じで、海外投資ばかりでなく、ネットで何かやるときもシティバンクはかなり便利です。

ところがひとつシティバンクは泣き所があって、毎月の平均残高が一定額に満たないと口座維持手数料として月に2100円も掛かってしまいます。
 かといって、金利が安いのに預金残高を満たすためだけに、お金を遊ばせておくのはもったいないですよね?
 しかしこの口座維持手数料を残高によらずタダに出来る方法があります。

シティカード (クレジット)のゴールド以上のカードの引き落とし口座として、
 シティバンク(銀行)を指定すると、口座維持手数料が一切必要なくなるのです! これで年間25200円を無料に出来ます。
 これで、あとはクレジットカードのメリットばかりでなく、海外送金米ドル小切手の換金がお得に出来るのです。

* 因みにアメリカでは普通の個人でも小切手を使うのは普通ですので、役に立つと思います。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー