サイトは放ったらかしでも儲かるか

サイトを一旦作ってしまえば後は放っておいてもずっと儲かるのでしょうか?
 残念ながらそうではないようです。

サイトの内容が古くなる

理由はいくつか考えられますが、内容が段々古くなりそぐわなくなるという事が一番大きいと思います。

 例えば、あなたのサイトが、ネットの接続サービスに関する内容のサイトだったとします。
 ほんの数年前は一般の電話回線であったのが一部ISDNを経て、現在ではADSLが主流になっています。 そしてまた、それも光に変りつつあります。

 この様にどんどん変ってゆくので、古い内容のサイトでは役に立たなくなってしまいます。

ですからサイトを出来るだけ手を掛けず、長く放置したければ出来るだけ変化の少ないものや、不変的な内容のものを扱うように心掛ければ、随分違ってくると思います。

サイトの広告が切れる

もう1つ。 サイトで儲けるためには収入が入ってこなくては成りません。

広告収入にしろアフィリエイトにしろ一旦広告を掲載したからおしまいということもはありえません。
 掲載契約期間が終了したり、アフィリエイトプログラムが変更や終了したりします。

実際にやってみれば分かりますが、アフィリエイトでも、より多く稼ごうと思ったら、頻繁にいろいろなことをやる必要があります。



サイトのアクセスの減少

そしてサイトの内容がずっと同じであれば、アクセス自体が減ってくるということがあります。

わたしは自分のサイトで、ある単語で検索すると数十万件の結果中10位以内でヒットするというサイトを持っていました。
 ずっと放置していたら、いつの間にかずっと順位が落ちてしまっていました。

 放置しているとやはり他の努力しているサイトが上位表示されるようになるので、相対的に自分のサイトは下位に成ってしまいます。
 当然、アクセスが激減すれば収入も減って当たり前です。

サイト運営は、立ち上げよりも僅かの手間

では、サイトの運営は手を休める事ができないのかというとそんなことはありません。

サイトを更新しなくなった途端に、全くだめになる訳ではなく、段々アクセスが減ってくるのですから、最低限アクセスが落ちない程度に、サイトに手を入れれば良い訳です。
 その労力はサイトを立ち上げて軌道に乗るまでとは比べ物にならないほどの、ホンのわずかの労力でよい筈です。

 また、わずかの努力でも続ければ、収入は上昇して行くのではないでしょうか?




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー