退職する

会社を退職する際の、ちょっとした注意についてお話したいと思います。

会社を辞める時は円満に

会社を辞める時は円満にというのは、勤めていた会社に迷惑を掛けないという極めて常識的なことです。

それに、悪評を流されるとか、嫌がらせを受ける、退職金に影響する等という事もありえます。
 特に悪評や嫌がらせと言うのは、転職の場合は、前職の経験を活かすのが普通ですので、同じ業種などでの再就職には大きな影響がある事も少なくありません。

また逆にキチンと円満に退職していれば、元の同僚などがその後の仕事や人生での大切な人脈となる事もあるでしょう。
 相手のためにも、自分のためにも、会社を辞める時は円満退職を心がけましょう。

退職は余裕を持って

会社を辞めるにも手続きや引継ぎなどがあるのが普通ですから、突然辞めるなど以ての外です。
 半月から1ヶ月程度の余裕をとるのが一般的なところではないかと思います。

またやめる際には、どうせならボーナスまで貰ってというのが人情というものでしょうが、ボーナスが支給された途端に、 辞意を表すというのもあからさまであまり好感はもたれないでしょう。
 1,2ヶ月程度というのがベターではないでしょうか?

もちろん会社で就業規則や退職規程などで退職までの期間などが定められている場合もあるでしょうから、 次の転職先の兼ね合いもありますのでキチンと確認しておきましょう。

退職と辞職、届けと願い

蛇足になるかもしれませんが、辞職と退職、届けと願い、どれが正しいのでしょうか?
 会社を辞めるのに出す書類は、辞職届け辞職願い、それとも退職届け退職願いのどの書き方が相応しいのでしょうか?

会社でも取締役などだったら会社とは委託、委任の関係ですから、辞職と言う事になるのではないかと思うのですけれど、 一般の会社員であれば労使の雇用関係になるので退職の方が相応しいように思います。

また届けと願いでは、届けは一方的な意思表示であり、願いはこちらからの意思表示と共に会社への伺いを立てると言う事になるので、一般的な会社員の場合は 「退職願い」とするのがもっとも相応しい様に思います。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー