オークションに古物商の許可は必要か

中古品などを業として扱うには古物商の許可が必要です。

それではネットオークションで本格的にお金を稼ぐためには古物商の許可は必要なのでしょうか?

わたしは、ネットオークションでも「業として反復継続して行う」には、ネットオークションであっても当然に古物商の許可が必要だと思っていました。

現状ではネットオークションで古物商の許可を得ずに売買を繰り返している人がほとんどです。

その点について、管轄の警察署に行って、古物商の担当の方に直接お話を伺って来ました。
その時の担当の方の見解をまとめてみると、

オークションサイトを使ってのインターネットオークションでの売買では古物商の許可を取る必要はないということです。

ですが自分のホームページなどで売買するのには古物商の許可が必要とのこと。

さらに、たとえばお金を稼ぐために継続して売買する場合でなくても、
自分の大量の本などを処分したいと思って、それを自分のホームページで販売するという場合も古物商の許可が必要だという事です!

つまり、あなたがネットオークションに出品してお金を稼ごうと思っていてもわざわざ古物商の許可を受けなくても良いという事になります。

これはオークションサイトが許可を受けているからだということです。

それでも、あなたがネットオークションで本格的にお金を稼ごうと思っているのならば、信用の点でも古物商の許可をとっておいた方が良いかも知れません。

* 警察で担当の方に伺った見解は、公文書などで正式に確認した訳ではありませんので、念のためあなたの管轄の警察署で確認した方が良いかも知れません。
なお、古物商は公安委員会の管轄ですが、窓口は警察署になります。
警察の担当課は都道府県などにより異なるかもしれませんので、直接確認してください。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー