ネットオークションで売れない商品

ネットオークションでは「なんでこんなものまで売れるの?」ということも良くあります。
ですが「それはあり得ないでしょう.」というものを平気で出品している人もいます。

確かに出品してみないと本当に売れるのか売れないのかなんてわかりませんが、ほとんど売れない商品の共通の特徴をいくつかお話ししてみたいと思います。

そこで今までに見たものでこれは売れないでしょうと思った出品商品をいくつか、

発売直後のマンガの雑誌を数十円で出品、ポケットティッシュ1個、山手線の回数券1枚。

どんなに出品価格が新品よりも安かったとしても、
ネットオークションでは、落札代金以外に、送料が必要です。
更に代金などを支払うためには振り込み手数料もかかります。

どこででも普通に新品で買えるものを、わざわざそれよりも高いお金を出してオークションのやり取りの手間を掛けて、万が一にも変な出品者に当たるかもしれないリスクを掛けてまで中古で買う人はいません。

出品の単価(落札されそうな価格)の安いもので普通にお金を出せば手に入るものは、特に送料など合わせたら幾らになるのか?
また安くても、ちょっとの差額のために、手間暇をかける入札者がいるのか?

そして自分自身がそのちょっとの金額を売るために出品の手間や策札された後のやり取りの手間をかけても良い金額なのか?
と言う事です。

少額の出品物は、複数個まとめて出品する、関連商品の複数入札を狙うなど工夫する。

ここでちょっとの金額と言うのはあくまでも落札予想価格であってスタートの時の開始価格じゃありません。

モノによっては、買った時は安かったのに、プレミアムがついて高額で取引されるているとか不用品の処分のつもりで出品したら高値で落札されたということもあります。

他にもプレミアムは付か無いようなものや、無料で手に入れたものであっても、地域限定だとか期間限定など、普通に手に入らないものであれば、高く売れることもあります。

前にオークションで海外のフリーペーパーを出品している人がいました。
旅行の時にでもたくさん貰っていたのでしょうか?
そして驚いたことにそこそこ入札が入っていました!

現地ではタダで手に入っても、日本では手に入らないし、海外から送ってもらうと送料も掛かります。
そして送料分を払うために振り込みなどを使えば実際に本体は無料でもとてもお金が掛ってしまいます。
それよりも、多少お金を払って買った方が良いという事なのでしょうね。

オークションでは、あなたの手に入れた値段は関係ありません。

買い手にとって割安なのか?
または、普通に手に入らないのか?

不用品の処分のためでなく、お金を稼ぐためにはネットオークションの出品は、買い手中心で考えるないといけません。
でも現実には売り手の都合だけしか考えていない人が多いようです。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー