恐るべき、電気ポットの電気代

電気ポットって、無駄に電気代掛かりそうって気はしていましたが、
 実際に調べたら、やっぱりかなり電気代が掛かるみたいです.

まずお湯を沸かすのに、ガスと電気ポットでは、どちらお金が掛かるのか?ということについて。

電気料金やらガス料金を正確に計算するのも面倒なので、ざっと言うと、ガスで沸かした方が安いみたいです。
ポットの容量に多いタイプの2.2Lのお湯を沸かしたとすると、都市ガスだと3円程度で、電気ポットだと5,6円位。

「なんだわずか数円の違いじゃん。」
そう思うのは間違いです。
確かに1日に2,3回お湯を沸かしても、十円の差にもなりません。
まあ十円のお金の差と言っても、ひと月で300円になってしまいますが.



保温の電気代

それよりも問題は、電気ポットの保温時の消費電力です。

お湯を沸かす時の消費電力は、機種にもよりますが、電気ポット製品をいろいろと調べてみたら、だいたい1000W前後。
そして保温時は、三十数W~四十数Wというものが多いようです。
最も良いクラスで20Wくらいでした。
確かに沸騰時の消費電力から比べると数十分の一です。

でもこれって、蛍光灯の消費電力と同じくらいですよね?
「電気ポットを使っていると、一日中、蛍光灯を無駄に点けっ放しにしているのと同じ」と考えると、なんかすごくもったいない気がしません?

1カ月当たりの金額になおすと、電気ポットだと月の電気代5百円~1千円といったところでしょうか?
これに対してガスだと月のガス代180円。

どちらが安いか言うまでもないでしょう。

さらに電気ポットの購入代金も、消費電力の少ない良い電気ポットとかだと1万5千円とか2万円近くするみたいです。

一方だたの魔法瓶の保温ポットだと、2,3千円位で買えると思います。
そして保温効果は、大体ただの魔法瓶の方が高いでしょう。

結論としては、保温ポットで、冷めたら再沸騰した方がはるかに電気代、ガス代の節約になると言うことですね。

今回の節約方法も、電気ポットを使わず、保温ポットを使うようにするというだけなので、節約するのに、手間もヒマも掛かりません。

人気♪のコンテンツです
 メールでお小遣い稼ぎ  在宅のお仕事  高収入アルバイト




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー