パソコンの電気代を節約する方法

パソコンの場合、電気代を節約すると言っても、こまめにスイッチを切ったりとか、スペックを落とすと言う訳にも行きません。
 ですから、あまり電気代を節約すると言っても余地は無い様にも思えます。

パソコンの設定を変更して節電

しかし結構多いのが、ちょっと席を立つつもりでパソコンから離れて、予定外に時間が掛かったといったような場合です。

これはもともと、一定期間パソコンの操作などを行わなかった場合など、自動でディスプレーが消えたり、パソコンが待機状態になったりなどするようになっています。
 しかし初期設定のままでは個人個人のパソコン使い方によってはあまり適切になっているとはいえないことが多いと思うのです。

これは待機時間の設定など色々自分で調整する事が出来る様になっていますので、自分にあった設定に変更します。

因みにWINDOWS XP の場合は、
「スタート」→「コントロールパネル」→「画面」と順々に開いてゆくと 「画面のプロパティ」が開きます。
 ここで「スクリーンセイバー」のタブを選び「電源」のボタンを押すとかなり詳細な設定が出来る様になっています。

と、ここまではパソコンの設定のお話ですが、あまり待機時間を短く設定すると、パソコンの操作をちょっと中断しただけで待機状態になるという、 かえって不便な事にもなりかねません。

パソコンのディスプレー

ですから私の場合は待機時間自体はあまり短くならない様にしているのですが、ちょっと席を立つ時は、パソコン本体の電源はそのままですが、 ディスプレーのスイッチだけ切る様にしています。
これなら戻ってきてパソコンを操作する時に、いちいちまた立ち上げなおさなくても、ディスプレーのスイッチを入れるだけです。

ノートパソコンの場合はディスプレーが別になっている訳ではないので、ディスプレーのスイッチはありません。
 しかしノートパソコンは元々電源が入っている状態でもディスプレーを閉じると自動的に表示が消えるようになっています。
 これはわざわざノートパソコンを閉じなくても、ディスプレーの根元というか蝶番になっているあたりに非常に小さなボタンのようなものがあると思います。
 ディスプレーを閉じるとこのボタンが押されて表示が消える様になっているという仕組みです。

 ですから私の場合は、パソコンの電気代の節約というよりもむしろディスプレーの保護と言う意味合いで、ちょっと席を立つ場合は、 このボタンの所に消しゴムなどを置いてディスプレーの表示を消すようにしています。
 これなら全く面倒でも何でもありません。

パソコンのACアダプター

それともう一つノートパソコンの場合は、実は、使わない時に電源を切っている場合でも、結構電気を消費しています。

普段部屋などでノートパソコンを使っている人は、ACアダプターで電源をとってると思いますが、このACアダプターが曲者なのです。
 パソコンの電源を切っていても、ACアダプターの箱みたいになっている部分を触ってみるとわかるのですが、非常に高温になっている事がよくあります。
 この部分でパソコンの電源を切っているときでもじゃんじゃん電気を消費している訳ですね。

 ですから、ノートパソコンの電源を切ったら、ACアダプターの付け根の所を引き抜いておくか (全てのものかわかりませんが、だいたい外れるようになっていると思います)コンセントを抜いておくなりすれば全く意味の無い電力消費を節約できます。

人気♪のコンテンツです
 メールでお小遣い稼ぎ  在宅のお仕事  高収入アルバイト




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー