お風呂のガス代を節約する

今回はお風呂のガス代を節約する方法です。
 もちろんガスでなくて灯油でも同じですけれど。

あ、もちろん「出来るだけお風呂に入らないようにしましょう」なんて話ではありません。 確かにガス代は節約できるのでしょうけれど、それはちょっと嫌ですよね。(笑)

お風呂の沸かし方で節約

先ずはお風呂のお湯の沸かし方からです。
まず水をお風呂に張ってからお湯を沸かすよりも、給湯器でお湯を張った方がガス代の節約になるそうです。
最近の給湯器は熱交換の効率が非常に良いので、ガス代の節約だけでなく、時間も短縮できるとのこと。

それじゃあ、水から沸かなきゃならない場合は、節約できないのかというと、もちろん方法があります。

冬などの寒い時期は、お風呂に水を張ったらすぐに沸かすこと。
逆に、夏場などの暖かい時期は、朝とかお昼とか早めにお風呂に水を張って時間を置いてからお風呂を沸かします

なんでそういうことをするのかというと、気温が低い時にお風呂に水を張って時間をおくと、さらに水温が下がって余計にガス代が掛かってしまいます。

ようするに、水道水の温度と気温を考えてお風呂を沸かすと言うことです。
そして夏場だと、お風呂に水を張って時間をおくと水がぬるくなって、その分ガス代が節約できます。

夏場も蛇口から出た水はひんやり気持ち良いですけれど、しばらく置くとなんかぬるくなってしまいますよね。



お風呂の保温で節約

「お風呂を沸かしたら出来るだけ続けて入浴しましょう。」なんて言われても、なかなか都合よくはいきませんよね。

まあ、お風呂にフタをするのは当然としても、中じきというか保温シートというのでしょうか?
こちらは使ってない人も多いのではないでしょうか。

そんな大したことないんじゃないの?って思う人もいるかもしれませんが、こんなたとえはどうでしょうか?
冬のさなか部屋の窓をあけっぱなしにしている人はいませんよね? まあお風呂だとフタをしないでおくようなものです。

それから窓を閉めていてもカーテンを引いていないと窓ガラスから冷気がひんやり伝わってきますよね?
これはお風呂の中じき(保温シート)と同じようなものではないでしょうか。

今回の節約方法はありきたりといえばありきたりですが、一回だけ保温シートを買ってくる手間。
あとはお風呂を沸かすタイミングを考えるだけの楽勝なガス代の節約方法です。

人気♪のコンテンツです
 メールでお小遣い稼ぎ  在宅のお仕事  高収入アルバイト




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー