それは経費で落とそう

「どうせ経費で落ちるから」とか「税金払うくらいだったら、使った方がマシ」こんな事聞いたりしますよね?

「どうせ経費で落ちるから」というのはサラリーマンであればどうせ他人のお金だからという意味なんでしょうけれど.
 しかし個人、法人に関わらず、自分の商売であればもちろん他人のお金と言う訳ではありません。

 「税金払うくらいだったら、使った方がマシ」とあわせて、税金対策とか節税といった意味で使ってるのだと思います。

ではここで質問です。
 実は凄くお得な話があります。
  「いま私に一万円くれたら、来年4千円差し上げます!」どうですか? 凄い話でしょう?(笑)

 誰も、私に一万円払おうとは思わないと思います。 差し引き6千円の損だからです。



節税もおなじ事です。 税率などによって割合は異なりますが、どんなに節税だと云っても、使った経費以上に多く税金を得する訳ではありません。
 ですが、その経費を使う事によって利益額が減りますので、納税額も減るはずです。
 しかし本来事業に必要なものであれば、何割引かで購入出来たようなもので、お得でしょう。

しかし、幾ら割引で購入できたとしても本来必要のないものにお金を使えば、結局余計にお金が出て行っただけに過ぎません。
 1万円の損が、6千円の損に減れば、一万円損するよりもましなだけで、決して得をする訳ではありません。

こんな当たり前の事ですら、節税と言うと、勘違いしてしまう人もいるから不思議です。




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー