会社設立と個人事業

これから何か商売を始めてみたい。 起業したい。 そう思っている人で、「個人事業にするべきなのか? それとも法人にするべきか?」と言うことについてお話したいと思います。

起業を考えてる人のなかには「とにかく法人を設立したい。」という人も少なくないのです。(というか非常に多い)
 「会社を作りたいけれど、何か良い商売はありませんか?」などという本末転倒の人もいます。

誤解の無い様に言っておきますが、会社は、会社を設立したから儲かる訳ではなく儲かったから会社組織にするのです。

また法人にすると節税になると言う考えも間違っています。
 全ての場合において、法人の方が税金が安く済む訳ではありません。
 場合によっては、個人事業の方が税金が安く済む場合もあります。
 一般に収入が少ない場合は個人事業の方が安く済みます。

ある会社設立例

例えば、実際に、こんな事がありました。

 ある商売を始めたい。
 共同経営で2人でやるつもりである。
 売上予想は年間2,3百万円程度である。

 有限会社と合資会社のどちらが良いか?

 という相談でした。

本当は株式会社にしたかったらしいのですが、資本金が用意できない(このときは株式会社の最低資本金は1千万円)ので 有限会社(最低資本金300万円で、実はこれも厳しいらしい)か合資会社(最低資本金制度なし)にしたかった様子でした。
法人形態を単に資本金だけで見ているところもかなり問題なのですが、既に法人ありきというのも問題ならば、商売としても全く話にならない有様でした。

この場合、店舗を借りて、2人で年商が2,3百万円ということは、二人で共同経営なので一人当たりの売上は100~150万円にしかなりません。
 それも利益の予想ではなく売上です!
 既に、その様な売上のあがらない商売を店舗を借りて始めようということ自体間違っています。



法人のメリット、デメリット

その点を別にしても、売上から経費を引くとどの程度の利益になるのかはなはだ疑問なのですが、節税ということで考えると、 この場合、個人事業では多分税金は掛かりませんが、法人の場合は税金を払わなければならない事になります。

一般に、法人にした方が税金で考えて有利なのは1千万円以上(売上でなく収入ベースで)の場合といわれているようです。

また法人は、設立にもお金が掛かりますが、その後も種々変更登記その他がつどつど必要です。
自分で登記手続きが出来なければ、司法書士などにやってもらうことになります。

更に毎年の税金の申告に、個人の確定申告とは比べ物にならないくらい面倒です。
 申告書も個人の場合はせいぜい数枚でも、法人の場合は数十枚に及ぶ事もありえます。

税理士に頼む場合も当然、費用ははるかに高くなります。 個人で数万円程度で済むかもしれませんが、 法人の決算申告は数十万~といったところではないでしょうか?(実際の相場は、私の場合は法人も個人も自分でやっていますので、分りません)

さらに商売が上手く行かくなって廃業する場合も、個人事業の場合は、廃業届け一枚ですが、法人の場合は裁判所&登記の手続きなど必要です。

起業する場合は、
 どうしても取引条件で法人でないと取引してもらえないとか
 複数で共同経営、多くから出資を募る
 などは別ですが、


 個人事業で始めて、商売が軌道に乗って、法人の方がメリットがあるようになったあとで法人成りするのが良いのではないでしょうか?




(c)2004- 2017 KeyLa, All rights reserved

お金大好き

免責 著作権 運営 リンクフリー